やすしむ!!

Read Article

格安スマホとガラケー「2台持ち」は、docomo・auを2年間で10万円の通信費を節約する方法になる

格安スマホとガラケー「2台持ち」は、docomo・auを2年間で10万円の通信費を節約する方法になる

携帯電話がスマートフォンにその主流が移ってからというのも、携帯電話の利用料金は大きく跳ね上がりました。
毎月5000円から8000円という高額な携帯料金は、家計の大きな負担になっていることかとおもいます。
一人暮らしならまだしも、家族複数人でスマートフォンを利用すると、数万円という出費にもなりかねません。
今回は、こうした高額に膨れるスマートフォンの利用料金の節約方法について考えてみたいとおもいます。

高止まりするスマートフォンの利用料金を、節約する方法として今回提唱したいのは、「2台持ち」と呼ばれる方法です。
「2台持ち」とはその名の通り、複数の携帯端末を持ち、それぞれ役割を限定する料金プランを組むことで、通常の1台持ちよりも携帯料金を節約する方法です。
具体的には電話とメールだけのプランと、インターネット通信のみができるプランを分けて持つのです。こうすると、それぞれの限定的なプランであれば、料金が通常の1台持ちよりもトータルで安くなるため、携帯料金の節約につながるわけです。
こうした方法を今回は紹介します。

スポンサードリンク

 

2台持ちの基本

2台持ちの基本は既に触れているように、電話とメール用のプランにした携帯電話と、ネット用のプランにした携帯電話をそれぞれ所有することです。
電話とメール用の電話にはフィーチャーフォン(いわゆるガラケー)を選択することが一般的です。というのも、この電話とメール用の電話にスマートフォンを選択してしまうと、「パケ漏れ」といってメール以外のネット通信を行いパケット料金が高くなってしまう可能性があるため、そうしたことを防ぐためにガラケーが電話用に選ばれます。

ネット用はスマートフォンです。インターネットをするのに最適なデバイスはガラケーよりもスマホでしょう。スマートフォンをネット専用にして持ち出すということです。
このように「2台持ち」の基本は、「ガラケー」+「スマートフォン」ということになります。

 

ガラケーの持ち方

それではここからは、それぞれの持ち方やプランについて考えてみましょう。
まずはガラケーのプランからです。
ガラケーのプランはパケット定額料金を付けずに持てば、1500円前後で持つことができます。
今使っている携帯電話を2台持ちのガラケー側にすれば、メールアドレスも電話番号も変えずに安く持つことができるので、今スマートフォンを持っている場合はこちらのプランに変えることが2台持ちの最初のステップです。

具体的にはどのようなプランになるのかを計算しましょう。
docomoとauのプランで最安値を紹介しておきます。

タイプシンプルバリュー 802円
iモード 324円
パケ・ホーダイ 0円~
合計 1126円

これがdocomoで、次はauです。

プランEシンプル 802円
ezweb 324円
パケットプラン 0円~
合計 1126円

2台持ちをしたい場合は、このようなプランへとメインのメールアドレスと電話番号を使った回線を変更します。
この時、既に前に使っていたガラケーがある方はそれを持ってショップへ行けば、機種代がかからずにガラケーのプランに変更できます。
ガラケーが無い方は、機種変更をするか、ガラケーの白ロムで安いものを購入して、それをショップへ持ち込んで「持ち込み機種変更」という方法があります。持ち込み機種変更では機種代は取られません。

このように、2台持ちの最初のステップとして、ガラケーの安いプランで電話とメール用の回線を構築します。

 

スマートフォンの持ち方

続いてはスマートフォンの持ち方を考えましょう。ここではちょっと準備の仕方を詳しく紹介します。

スマートフォンを用意・購入

「2台持ち用のスマートフォン」を作るためには、まずスマートフォンを用意する必要があります。
それも、このスマートフォンには条件があり、「SIMフリー」か「docomoから発売されたスマートフォン」である必要があります。
この理由は、ネットのみのプランしか使えない代わりに、料金を安く使える「MVNOの格安SIM」を使うためです。格安SIMは「SIMフリー」か「docomoから出たスマホ」しか原則的に使えません。

そのため、docomoのスマートフォンを使っている方はいいですが、SoftBankやauをお使いの方は別にスマートフォンを用意しなければいけません。
一応ここでもおすすめを紹介しておくと、ハイスペック大画面のL-01Fか片手で使いやすいハイスペックのL-05EかSH-07Eをおすすめしておきます。
これらの端末は、3万円以下でありながら、非常に性能のいいスマートフォンですので、今後数年間はスペック不足を感じずに使い続けることができるスマートフォンだと言えます。
これらの「白ロム」と呼ばれる、新中古スマホをAmazonなどで購入しておくことが、2台持ち用のスマートフォンを作るための一つの準備です。

G2 L-01F docomo [Lunar White]

新品価格
¥25,450から
(2014/7/3 15:28時点)

(docomo) Optimus it L-05E ホワイト

新品価格
¥20,600から
(2014/7/3 15:28時点)

(docomo) AQUOS PHONE si SH-07E ネイビー

新品価格
¥24,969から
(2014/7/3 15:29時点)

格安SIMを契約

白ロムでdocomoのスマートフォンを手元に置いたら、次は格安SIMを契約しましょう。

格安SIMとは、docomoの回線を使った電話回線で、主にネットのみが利用できる契約回線です。ネットだけを使えるようにしているので、通常のパケット料金よりも安く契約できるのが魅力です。
通信回線自体はdocomoのものを借りているので、通信エリアや速度については安心して使えるものです。
この格安SIMを、先ほど購入したスマートフォンに差して使うことで、2台持ちにおけるスマートフォンのネット料金の節約に繋がります。

格安SIMは、MVNOと呼ばれるdocomoから回線を借りた事業者との契約で手に入れることができます。
MVNO事業者は多くの事業者が存在しますが、その選び方については当サイトのMVNOの項目を見てください。
例として、ここではIIJmioの格安SIMを契約してみます。

IIJmioの格安SIMはサービス内容でトップクラスのクオリティを出しており、通信の安定性やバースト転送の存在など、沢山の魅力があります。
このIIJmioの格安SIMは2GBの高速通信可能データ量がついて、900円から利用することができます。
docomoとの契約では、5000円から6000円以上のパケット料金が必要でしたが、この格安SIMは電話が出来ない代わりに900円で使うことが出来るのです。

IIJmio

 

通常の契約と比較すると・・・

さて、ここまでガラケーとスマホの「2台持ち」の仕方と、大まかな料金の紹介をしてきましたが、では実際に通常のスマートフォン料金と比較していくらになるのかを比較してみましょう。

ガラケーとスマートフォンの2台持ちを、先ほどのプランで組み合わせると幾らになるのかを出してみます。さらにそれを2年間使ってみたものと想定し、白ロムでdocomoのスマホL01Fを購入した場合での総額を計算してみます。

ガラケープラン 1126円
IIJmio格安SIM最安プラン 972円
合計 2098円
白ロムスマホL-01Fの本体代 28000円
通信費24ヶ月分↓
2年間合計 78352円

 

続いて、docomoの料金も計算してみましょう。
本体代金は実質0円の機種を購入して運用したと想定し、こちらも24ヶ月の総額を出してみましょう。

タイプXiにねん 802円
spモード 324円
Xiパケ・ホーダイ フラット 6156円
合計 7282円
通信費24ヶ月分↓
2年間合計 174768円

このようにdocomoで普通に持った時と、ガラケーと格安SIMで電話とネット用のスマートフォンを分けた場合では、2年間で10万円近くの節約が可能になる場合もあります。今回の計算では、比較的高めな白ロムを購入していますので、もう少し安いものを購入すれば10万円以上の節約になりますし、格安SIMのプランをもっといいものに変えることもできます。

今お使いのスマートフォンの料金が4000円を超えている場合、それも通話料ではなく主にネットの使用料で4000円を超える通信費になっている場合は、確実に今回の「2台持ち」という方法に変えたほうが節約になります。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top