やすしむ!!

Read Article

docomoの値上げ新プランへの節約対抗策を考える

docomoの値上げ新プランへの節約対抗策を考える

docomoの新プランカケホーダイは本当に安いのでしょうか。

docomoの新プランについては、数多くの見解が出ています。
ですが、その多くの見解は安いとする見解と高いとする見解が半々にわかれていて、利用者にとってはどちらが本当なのかわからない状態です。

単純な基本料金や各種プランの料金を比較すれば「値上げ」です。一方でパケットのシェアや通話料の定額が利用できるため、電話をよくする方や家族が多い方には「値下げ」になります。
使い方によってこれまでのプランから値上げになる方、値下げになる方が違いますが、電話を長くしない方にはやはり今回のプランは「値上げ」であると言えましょう。

通話定額という新しい特典のために、実に2000円近い基本料金の値上げは、電話をしない方には無用の特典となり、単純に値上げされていると言えます。
電話をあまりしない方へのこうした値上げには、どのようにして対抗策をすればいいのでしょうか。今回は、ガラケーとスマートフォンで、docomoの新プラン「値上げ」への対応を考えてみたいとおもいます。

スポンサードリンク

値上げへの対抗策

ガラケーの場合

今回のdocomoの新プランの値上げについての対抗策はいろいろあります。
まずは、電話とメールぐらいしか使わず、電話も着信中心の使い方をしているガラケーの方は、今までのFOMAのガラケープランが使えますので、それを継続して使っていくのがいいでしょう。
また、ガラケーの場合はパケットプランへの加入が必要なく、基本料もスマートフォンよりも安くなることから、あえて新プランのガラケー向け契約にしてしまうのも悪くありません。

ただ、従来のFOMAプランがメールと電話が使える最低料金が1100円なのに対して、新プランのガラケー向けプランは2500円が最低料金なので、やはり旧FOMAプランのほうが単純な料金の比較では安くなります。

 

スマートフォンの場合

今回はこちらの話題がメインの項目かとおもいます。
スマートフォンを使っていて、電話をあまり使わないような方で、docomoの新料金プランだと値上げになってしまう方です。
こうした方々は、値下げに対してどのような対応を取ればいいのでしょうか。

ガラケーと2台持ち

一つの手法としては、電話とメールをガラケーに切り替えて、スマートフォン側をネットオンリーの運用に買えてしまうやり方です。
電話をあまりしないのであれば、ガラケーに機種変更して1000円のプランで待ち受け用に持ち、スマートフォンをMVNOの格安SIMで持ってみましょう。おそらくこれで安いものなら2000円ちょっとの毎月の運用費に節約できます。

ガラケーへの機種変更は、新しい機種を買ってもいいですし、古い機種をドコモショップへ持って行き、契約を変更してもらうというやり方もあります。こちらならば本体代はかかりません。

今使っているスマートフォンにはMVNOの格安SIMを使い、900円〜3000円ぐらいのネット専用プランを契約するのがいいでしょう。ヘビーユーザーの方は高いプランを、ライトユーザーの方は安いプランを選べば、快適かつ安い料金でネットを使うことができます。

MNPでスマホ一本持ち

もう一つはMNPでしょう。
やはりこの方法は単純に携帯料金を下げたい時には非常に効果的です。

例えばdocomoからauやSoftBankへMNPすれば、基本料の割引や端末代からのキャッシュバックといった特典があり、毎月の割引サービスも額が増えたりします。
毎月の通信費はもちろん、あたらしい端末も安く購入できるようになります。

auやSoftBankへのMNPは一般的ですが、もう一つ別のMNPという選択肢もあります。それがMVNOへのMNPです。
auやSoftBankで気になるのは、docomoとエリアが違うことです。auはあまり心配入りませんが、SoftBankだと通信通話が可能なエリアがdocomoより狭いというのが実感するところです。
こうした問題が気になってMNPできない方には、docomoの通信網を使ったMVNOの音声サービスへのMNPがおすすめです。

MVNOの音声通話つきのサービスは、docomoの通信網を使いながら、料金プランはdocomoとは別に独立しています。料金体系や基本的に格安SIMと同じタイプですので、docomo本体の料金よりも安くなるのが一般的です。
例えばIIJの「みおふぉん」という格安SIMに音声通話が可能なオプションをつけたサービスを見てみましょう。
docomoの新プランの料金と比較するとこうなります。

  docomo IIJ
基本料金 2700円 1000円
パケットデータ料金(2GB) 3500円 1520円
ISP接続 300円
合計 6500円 2520円

docomoのプランとIIJの「みおふぉん」のプランは同じデータ通信容量に合わせました。docomoは国内通話料がかからない定額制で、みおふぉんは無料通話のない30秒20円のプランになっています。

電話をかけることが多い方は、みおふぉんのプランでは通話料が青天井となるため、魅力に乏しいですが、通話をしない方ならば単純に4000円の差が生まれるということになります。
4000円というと、およそ1時間39分の通話時間が通話料金としての差額になります。もしこれよりも一月の間に通話しないのであれば、docomoの新プランよりもIIJの「みおふぉん」へののりかえのほうが安くなります。

 

今回のdocomoの新プランは電話をしない人には確実な値上げになります。
ですので、今後携帯料金を節約しようとしている方は、今回紹介したようなガラケーの活用やMVNOの格安SIMへののりかえなどを視野に入れる必要があるでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top