やすしむ!!

Read Article

「格安スマホ」とは?本当に携帯料金は安くなるのか

「格安スマホ」とは?本当に携帯料金は安くなるのか

この数年間ゆっくりとですが確実にその存在が認知されるようになってきた「格安SIM」というものがあります。
「MVNO」という、docomoやauといったメジャーな通信事業者から通信帯域の一部を借りて、ユーザーに通常のパケット料金よりも安く提供する仕組みを利用しています。

今ではこの「格安SIM」を利用して、毎月高額に膨れ上がっていたパケット料金を、1000円台に節約している方が増え、スマートフォンの節約方法としては一つのメジャーな手法として広がっています。

さて、こうした「格安SIM」のメジャー化と共に最近では新たに「格安スマホ」といったジャンルのものも出てきました。この「格安スマホ」、一体「格安SIM」とどのような違いがあるのでしょうか。また、現在登場している「格安スマホ」についても紹介したいとおもいます。

スポンサードリンク

格安スマホとは

格安スマホとは、簡単に言ってしまえば格安SIMにスマートフォンをセットにした商品のことです。

格安SIMは基本的に音声通話が可能な契約のものが使われています。通常、格安SIMはデータ通信のみのものが人気も高く種類も豊富なのですが、この「格安スマホ」の場合は、完全にメジャーな通信事業者と同じような使い方を想定しているため、音声通話がついてくるものが多いです。
この音声付き格安SIMと一緒に、スマートフォンをつけて販売しているのが「格安スマホ」になります。

スマホとSIMカードは既存のもの

このように、基本的に格安スマホで利用するのは既存の格安SIMということになります。
ですので、既に格安SIMが使えるスマートフォンを持っている場合は、既存の音声付き格安SIMを契約して使うことで、「格安スマホ」と同じ環境が作れてしまいます。

また、格安SIMに使われるスマートフォンも実は、市販されている「SIMフリースマートフォン」であるのが現状です。
特に「格安スマホ」のために用意されているスマートフォンではなく、別に市販されていたものを、既存の格安SIMと合わせたというわけです。

そのため「格安スマホ」は、少し意地悪な言い方をすれば「既存の商品をセンセーショナルに売るために組み合わせたセット商品」ということです。良い言い方をすれば「全てをあらかじめ揃えられている初心者向けのセット商品」とも言えます。

イオンとビックカメラがスタート

この「格安スマホ」は現在イオンとビックカメラで展開しています。今後はヨドバシカメラ、ジャパネットタカタ、BIGLOBEでも販売されるようです。

イオンでは、「イオンのスマートフォン」として格安スマホを販売しています。
利用している格安SIMとスマートフォンは、

  • スマホ電話SIM
  • Nexus4

です。
月額利用料は2980円です。これはスマホ電話SIMの1560円とNexus4の24回分割支払いの1420円を足した金額です。
解約金はありませんが、2年以内の解約だと端末の分割支払いが残っているため、残りの支払いを済ます必要があります。

ビックカメラでは2830円の格安スマホを販売しています。こちらは、

  • IIJmioみおふぉん
  • FleanPhoe CP-F03a

を使っています。
みおふぉんの月額1900円とFleanPhoe CP-F03aの分割支払いが月額930円かかります。
こちらはスマホ電話SIMよりも高速な通信が可能です。

格安だけどコスパは良くない

「格安スマホ」は今後さらに色々な小売販売店などでセット商品として登場してくるでしょう。
月額3000円以下でスマートフォンも一緒に用意されて使えるのは確かに「格安」の部類になるかとおもいます。

ですが、決して最高に安いというわけではなく、見ようによっては高いと言える価格が現時点では目立ちます。この辺りの詳しい内容は、過去にイオンのスマートフォンについての考察記事で詳しく書いたので、そちらを見てください。

[browser-shot width=”200″ url=”http://yasu-sim.net/2014/04/aeon-smaho/”]

「イオンのスマートフォン」よりも安くて良いスマホと回線の代替案

ここにあるように、本体代が分割のおかげで安く見えますが、実際に支払う金額としては高いのが今の格安スマホの現状です。

格安SIMとスマートフォンが同時に契約できる「格安スマホ」。その考え方は非常に消費者にわかりやすいものですが、現状ではもう少し本体代が安くならないと「格安」とは評価できないと言えます。

以上「格安スマホ」についてと、現在登場している「格安スマホ」とその格安さの現状について紹介してみました。現状では「格安スマホ」を買うよりも「格安SIM」と「白ロムスマホ」を買ったほうが料金的には格安なので、もう少し価格面で洗練されたセットが出るまでは買いではないかもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top