やすしむ!!

Read Article

auでMVNOの格安SIMが利用可能に データ通信月額980円・音声付きで1590円の「mineo」

auでMVNOの格安SIMが利用可能に データ通信月額980円・音声付きで1590円の「mineo」

au回線を利用したMVNO格安SIMがついに始まります。

ケイ・オプティがau回線を利用したMVNOサービスの開始を、来る6月3日より開始すると発表しました。これまでMVNO回線は、格安SIMタイプはdocomoの回線を利用したものしかなく、EMOBILEやWiMAXはルーターとのセットというものしかありませんでした。
そのためにスマートフォンで直接通信が出来るSIMタイプのMVNOは選択肢がdocomo回線に限られ、使えるスマートフォンもdocomoのものかSIMフリーのものに限定されていました。

auのMVNOが始まったことで、これまで格安SIMでの利用が出来なかったauスマートフォンも活用の幅が広がることになるでしょう。
今回発表された格安SIMサービス「mineo」も、docomoのMVNOに匹敵するサービス内容を揃えています。さらにキャンペーンも行われるということでかなり面白くなりそうです。

スポンサードリンク

mineoの特徴

  • auの回線を使った初めてのMVNO格安SIM
  • 月額料金は980円で1GBの高速通信量を割り当て
  • 1GB使ったあとは100MB150円で購入か200kbpsの速度制限
  • 610円で090番号の電話オプションを利用可能、また050電話番号は基本料無料で利用可能
  • iPhone以外はテザリングに対応
  • データ通信はLTEエリアのみ、電話のみ3G回線が使える

 

初めてのauMVNO、なのにサービス内容は攻めの姿勢

このケイ・オプティのMVNOサービス「mineo」は、MVNOとしては初めてのauの回線のMVNOです。

これまで格安SIMではdocomo回線のMVNOしか無かったですが、6月からはau回線も増えることになりました。
この「mineo」ですが、サービス開始からその料金プランやサービスといった面で、非常に高いクオリティのものを提供して来るようです。

月額980円、1GBの高速通信量

まず料金プランですが、基本的なプランは月額980円のデータプランになります。ここには1GBまでの通信量ならば、高速通信に対応しています。1GB超過後は200kbpsへの速度規制、または100MB分の高速通信量を購入するという手段があります。
この980円で1GBまで高速通信が出来るというのは、始まったばかりのMVNOサービスとしては頑張っている内容ではないでしょうか。

docomo回線を使ったMVNOの格安SIMで、1000円以下の1GB高速通信量を持ったプランというのは、BIGLOBE以外だとこの4月までほとんど揃っていませんでした。4月から接続料が下がったために、1GBの高速通信量をつけるプランも増えましたが、それまでは全然でした。
この「mineo」はこうしたdocomoMVNOで最近になってようやく普及し出した1000円以下で1GBというプランをサービス当初から用意してきました。

電話番号を610円で追加可能、MNPにも対応

さらに開始当初から音声付きプランも用意しています。わずかに610円の追加料金で利用できます。

30秒20円から使える090あるいは080の電話番号が、1590円という安さで利用できます。ここには1GBの高速データ通信量も含まれているため、通話とデータ量の対比では、音声付き格安SIMで最もコストパフォーマンスのいい内容になっています。

そしてMNPにも対応しているため、MNP弾としても使うことが出来るでしょう。

テザリングにも対応

さらにさらに、このauの格安SIMは、docomoのスマートフォンでは出来なかった格安SIMでのテザリングに対応しています。
docomoの格安SIMでもテザリングはできたのですが、docomoのスマートフォンが格安SIMでのテザリング未対応のためにSIMフリースマートフォンでしかテザリングは出来ませんでした。今回のauの格安SIMでは、auのスマートフォンがテザリングを制限していないためにdocomoと違ってテザリングが可能になっています。

ただしこれはAndroidのみでiPhoneはテザリングが出来ません。

1年縛り

残念なところは1年縛りがデータプランにもかかるということでしょうか。1年以内の解約に10260円がかかります。
1年間のデータ料金が12000円ほどなので、契約と同時に1万円の支払いが発生するということは覚悟しておきましょう。

手数料もろもろ

  • 事務手数料:3000円(以下全て税抜き)
  • チャージ金額:150円で100MB
  • 解約金:9500円

au白ロムを選ぶコツ

今回のauの格安SIMですが、データ通信はLTEエリア内でしか使うことが出来ません。
これは今後他の事業者がauのMVNOに参入してきても変わらないでしょう。au側で大きなシステム変更でも起きない限り、auの格安SIMはLTEエリアのみでデータ通信を行うということになるでしょう。

さて、こうした特殊な使い方になるauの格安SIMですので、端末選びをしっかりしなければいけません。具体的に言えば、LTE Bandを複数持つスマートフォンでないと、LTEエリア外で通信不能になってしまいます。

例えばiPhone5はauのLTEで2.1GHzのエリアしか対応していません。そうすると別のLTE Bandエリアでは通信出来なくなります。auのiPhone5で電波問題が発生していたのはこれが原因です。
auの格安SIMを使う場合は、800MHz、1.5GHz、2.1GHzに対応している2013年夏モデル以降のスマートフォンがオススメです。
白ロムを購入する場合は夏モデル以降のラインナップから選んでください。

あえてオススメを出すなら2万円前後のFJL22です。

 

このようにサービス開始当初から使える格安SIMとなっているのがmineoです。auの白ロムが安い内に購入しておき、今後更に広がるであろうauMVNOに備えておくことがひとつの方法かもしれません。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top