やすしむ!!

Read Article

BIGLOBEの格安スマホ「うれスマ」を検証。安かろう悪かろうを脱却した格安スマホか?

BIGLOBEの格安スマホ「うれスマ」を検証。安かろう悪かろうを脱却した格安スマホか?

BIGLOBEが格安スマホ市場についに乗り込んできました。音声通話も可能な格安SIMカードの提供と、その格安SIMとスマートフォンをセットにした格安スマホを出してきました。

BIGLOBEと言えば格安SIMの提供元としては非常に優れた事業者の一つです。IIJやOCNといった「主要」と呼べるMVNO提供元の一つに挙げられます。

そういった格安SIM提供元であるBIGLOBEが、ようやく音声通話が可能な格安SIMプランを用意し、さらにシャープ製のSIMフリースマートフォンとセットにした格安スマホを用意しています。

今回はこのBIGLOBEスマホ「うれスマ」と名付けられた格安スマホと音声通話SIMの特徴についてまとめてみました。

スポンサードリンク

音声通話SIMの仕様

BIGLOBEスマホの「うれスマ」には、格安データ回線だけでなく音声通話も使用可能な契約SIMが利用されています。そのためこの格安スマホでは電話をすることが可能で、docomoやauなど他のキャリア回線からMNPすることも出来ます。

最も安いプランでは1GBの高速データ通信容量が付いてきて1600円(税別)で使うことが出来、そこにスマホの本体料金が1876円(SH90Bの場合)かかって合計3476円で使えるようになります。

1年以内の解約には8000円の解約金がかかって、端末の代金も24回払いの内未払い分を支払う必要があります。

データ量は変更可能

元々このうれスマのSIMは、BIGLOBE 3G・LTEのものの流用なので、データ量は最大7GBまで追加料金を支払うことで増やすことが簡単に出来ます。7GBだと音声通話込で4690円になります。ここにSH90Bを「うれスマ」として同時購入すると6566円ということになります。

料金 データ量
音声通話スマートプラン 1600円(SH90Bセット:3476円) 1GB
ライトSプラン 2405円(SH90Bセット:4281円) 2GB
ライトMプラン 3738円(SH90Bセット:5614円) 3GB
ライトLプラン 4690円(SH90Bセット:6566円) 7GB

手厚いオプションサポート

毎月300円のオプション料を支払うと、端末保証をかけることが出来ます。同時購入したSH90BやG2 miniが故障や破損した場合に、1回目の修理を5000円、2回目の修理を10000円、3回目の修理を15000円で受け付けてくれます。特に1回目の修理の料金はかなり安いため、絶対に加入しておくべきサービスでしょう。

 

スマートフォンの仕様

格安スマホ最高の性能

BIGLOBEスマホ「うれスマ」で使われているスマートフォンは、恐らくここまでに出てきた格安スマホの中でも性能およびスペックは最も高いものになるでしょう。

AQUOS PHONE SH90B

IGZO液晶を採用し、省電力化を実現したフルHDディスプレイを搭載し、CPUにはスナドラ600と呼ばれる2013年に主に使われてきたハイエンドCPUを使っています。Android OSは4.2、RAMは2GB、カメラは明るいレンズを使った1300万画素と、全体のスペックが高く、過去の格安スマホで使われていたスマートフォンの中ではスペックが飛び抜けて高いのがわかります。

格安スマホで使われるスマートフォンはどれも長く使うにはスペック不足のものが多かったのですが、このBIGLOBEスマホ「うれスマ」に使われるSH90Bならば、長期間使ってもスペック不足を感じるということは少ないはずです。

G2 mini

G2 miniはSH90Bよりもスペックは下がりますが、CPUの能力ではこれまでの格安スマホをSH90B同様に上回ります。スナドラ400とRAM1GBという構成は、メール・ネット・電話・地図などの必須アプリの利用には何ら問題にならないレベルのスペックです。

解像度が低いことだけがネックでしょう。最新のスマホが高細微2K液晶などを出す中では文字が読みにくく感じるかと思います。

スペック自体は使い方によっては長期間使えるでしょうが、解像度が低いため長時間画面を見てると疲れ目になってしまう可能性があります。全体的に悪いものではないですが、この部分は注意しましょう。

高すぎる本体価格

スペックが高くて使いやすさではずば抜けているSH90Bと、頭一つ抜け出したG2 miniですが、性能が高い代償としてその価格も格安スマホの中では飛び抜けて高くなってしまっています。

格安スマホで使われたその他のスマートフォンと比較すると価格はここまで違います。

SH90B G2 mini Ascend G6 FleaPhone CP-F03a geanee FXC-5A DIGNO M
本体価格 45024円

(1876円×24回払い)

32328円

(1347円×24回払い)

29800円

(1241円×24回払い)

20350円

(848円×24回払い)

15120円

(630円×24回払い)

48000円

(2000円×24回払い)

SH90Bと今後展開される予定のLG G2 miniとその他スマートフォンでは場合によっては1万円以上の差が生まれてしまいます。その差額はスペックの良さという形で違いが出ていると思いますが、何よりも価格重視な格安スマホにとって、この1万円以上の差というのは大きな購入障壁になってしまうかと思います。

 

そのため、今回のBIGLOBEスマホ「うれスマ」は安いスマホが欲しい方には向いていません。ある程度安くて、それでいて良い物を買いたいという方にはオススメ出来ます。良い物のために多少出費が増えても良いという考えの人には、最適な格安スマホの一バリエーションですが、安さを追求する人には合わない格安スマホという位置づけになるかと思います。

このようにスマホに対しての考え方、お金の出せ方によって向いている・向いていないがハッキリしている格安スマホと言えます。この点を確認した上で購入するかどうかを考えるのがいいと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top