やすしむ!!

Read Article

MVNO「mineo」を2台持ちで使ってauユーザーは通信料節約の大チャンス到来

MVNO「mineo」を2台持ちで使ってauユーザーは通信料節約の大チャンス到来

auの回線を使ったMVNOの格安SIMとして、「mineo」というサービスがケイ・オプティコムから始まりました。

このサービスはauのスマートフォンでも格安SIMでの運用が可能になるもので、これまでdocomo一択だった格安SIM運用に別の方法が生まれました。

mineoのサービスは、1GB・2GB・3GBといった高速データ通信量を、最安980円から使える格安SIMです。さらに600円のオプション代を支払うことで、090や080で始まる電話番号も使うことが出来る非常に安いau回線を使ったサービスです。

さて今回は、このmineoを使ってauユーザーが毎月の通信費を節約する方法について紹介したいと思います。この方法を使うと、2台持ちにはなるもののauの通常の契約を行うよりもはるかに安く運用することが出来てしまいます。

スポンサードリンク

どんな人へ向けた運用方法なのか

まずはこの運用方法について、どういった方に向いている方法なのかをいくつか挙げてみたいと思います。

  • ガラケーと2台持ちしても大丈夫な人
  • メールアドレスを変えたくない人
  • 現在スマートフォンを使っていて、料金に困っている人
  • それほどネットのデータ量を使っていない人

大雑把ですが、こうした方は今回紹介する方法を取ると、高いスマートフォンの料金がいくらか改善されることでしょう。それではこれからその方法について紹介しましょう。

スマホからガラケーに機種変更、スマホにはmineoを利用

今回の節約運用方法は、オーソドックスな2台持ちです。ただ今回はauユーザーがあまりお金をかけずに出来る2台持ち節約の方法です。

現在スマートフォンを利用しているauユーザーの方は、前使っていたauのガラケーか、白ロムで用意したガラケーに持ち込み機種変更をする事で、スマートフォンの運用からガラケーの運用へと切り替えます。そうすると、スマートフォンでのデータ通信が出来なくなりますので、ここにmineoの格安SIMを使う事で、パケット通信が出来るようにします。

ガラケーの方の契約にはパケット定額を契約しない、もしくは最安の2段階パケットプランを契約する事で、基本料のみに近い安い料金プランへと変更します。そしてスマートフォン側では、ネットのみの契約であるMVNOを使い、最安980円からのネット利用という組み合わせで節約運用をする形になります。

現在ガラケーを使っている方で、さらにネットをしている方は、同様にパケットプランを最安のものに切り替えて、スマートフォンの白ロムを購入しmineoを使えば、ガラケーでネットをするよりも快適に、そして安く使う事が出来るようになります。

ガラケーとスマホがない場合は白ロムを

もしも今スマートフォンを使っていて、古いガラケーを捨ててしまったという場合は、ガラケーを用意する必要があります。普通にガラケーに機種変更するという選択肢もありますが、一括で安いものがなくどれも3万円以上するものばかりなので、今回はそれをおすすめせず白ロムを買うことをおすすめします。

ガラケーの白ロムは最新のものでも6000円から1万3000円ぐらいなので、機種変更よりも安いです。これを持ってauショップで持ち込み機種変更という手続きをすると、電話番号もメールアドレスもそのままにガラケーに契約を移す事が出来ます。あとはスマートフォンにmineoの契約SIMを使うだけです。

京セラ YOCERA au GRATINA ブラック (KYY06SKA)

新品価格
¥6,500から
(2014/7/28 22:30時点)

 

 

もしも今ガラケーを使っていて、スマートフォンを持っていない場合も、白ロムを購入する事をおすすめします。auの白ロムは高性能なのに非常に安いものが揃っており、2万円ほどあれば1年以内に発売されたスマートフォンが購入出来てしまいます。

これを用意したらガラケーのプランを変更し、mineoを白ロムに使えばこれまで以上に快適なネット環境を格安で作る事が出来ます。

au AQUOS PHONE SERIE SHL23 【ブルー】 白ロム

新品価格
¥15,800から
(2014/7/28 22:31時点)

 

具体的な料金

こうした形で、ガラケーとmineoを使った場合の具体的な料金について計算してみます。ガラケーの方では通話とメールだけの待ち受け用プランと、通話定額で電話がし放題のプランの2つで計算してみました。それが以下の2つです。

待ち受け用

プランSSシンプル 1008円
EZWEB 324円
ダブル定額スーパーライト 401円~
合計 1733円

通話定額用

電話カケ放題 2376円
LTEnet 324円
合計 2700円

この料金にそれぞれmineoのデータ通信プランがかかります。最安は1GBの980円(税込1058円)で、2GB1580円(1706円)、3GB2330円(2516円)と分かれます。ここでは比較用に2GBを契約した場合のそれぞれのガラケープランとの合計を出してみましょう。

2GBのmineoプランと契約すると、待ち受けガラケーでは3439円。
通話定額ガラケーで4406円という月額料金になります。

auでの正規の料金で内容が近い「電話カケ放題」+「データ2GB」の料金が7020円ですので、2台持ちした場合では通話定額で2614円差待ち受けで3581円という料金の差が生まれ、この差が丸々今回の運用で節約出来る毎月の料金という事になります。

2台持ちするだけで3581円、2年契約に換算すると85944円の節約が出来る運用になるということで、auの携帯料金が高くて困っているという人はこの方法をとれば通常よりも安く使うことが出来るので、試してみてください。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top