やすしむ!!

Read Article

auのMVNO「mineo」がiOS8以降のバージョンでの利用不可、対応不可を表明

auのMVNO「mineo」がiOS8以降のバージョンでの利用不可、対応不可を表明

iOS8以降、全く通信が出来ない状態に陥っていたau回線を使ったMVNOサービスmineoですが、ついに公式発表でiOS8への対応を諦めてしまったようです。

これによりiPhone6とiPhone6plus、そしてこれから発売されるiPad Air2、iPad mini3についてもmineoでは利用できなくなることでしょう。そしてiPhone5s以前の機種も、iOS8にアップデートした時点で使えなくなってしまうことでしょう。

 

mineoではこのようなリリースが公式に出ています。

さて、iOS 8での対応について弊社で検証を続けてまいりましたが、mineoサービスではiOS 8 利用不可との検証結果となりましたことを、お知らせいたします。

また、本日リリースされましたiOS 8.1におきましても、ご利用いただけないことを確認しておりますので、あわせてお知らせいたします。

本事象については、弊社での構成プロファイル等での対策が難しい状況のため、弊社として今後のiOS 8への対応の予定はございません。
しかしながら、Apple社に対して、mineoサービスがiOS 8およびiOS 8.1で利用できるように引き続き要望してまいります

スポンサードリンク

mineoはもうiOS端末で使えないのか

こうしたお手上げとも呼べてしまうような声明が出てしまいましたが、ではもはやmineoでのiOS端末を使うことは望めない事なのでしょうか。

 

mineoの発表では構成プロファイルの設定をmineo側で弄っても、どうしても解決しない問題があるためiOS8以降の対応を終了するということが書かれています。このことから、mineo側の仕様にiOS8以降の設定が対応されていないということがわかり、mineoもMVNOである以上元回線のau回線を設定に合うよう変更が出来ないため、お手上げ状態になっているのでしょう。

もともとmineo自体も特殊な回線だったのですが、それでもiOS7では対応出来ていたことを考えると、Apple側がiOS8以降で特殊性を認めない仕様変更を行い、mineoが使えなくなったからといってそのための修正も特に行わない姿勢であるのが伺えます。

 

そもそもmineoはauのMVNOですが、MVNOの中でも特殊な存在です。どこがどう特殊なのかと言うと、3Gのデータ通信が出来ないというところです。この3Gデータ通信が出来ない問題について、mineoやauでは特にその事情については公表していませんが、auの3G通信がdocomoやSoftBankとは違う、そして世界的にみても珍しい方法=CDMA2000という方法で通信していることが一つの原因だと思います。

この通信方式は世界的に一般的なWCDMAという通信方法とは違う別の方法です。採用しているところはWCDMAに比べると少ないため、通信方法としてはマイナーな部類に入ると思います。このマイナーであるというところで、iOS8では対応しなくなったというところが考えられる要因の一つではないでしょうか。

ただしマイナーだからと言っても、このCDMA2000自体は海外、アメリカでも大手キャリアが採用している方法なので、それ自体をiOSの対応から除外するというのは考えにくいです。mineoの今回の問題は、CDMA2000の3Gデータ通信が使えないというところ、その原因を遡ればau側で何かしらのCDMA2000のデータ通信に制限を加えていることがガラパゴス仕様に拍車をかけて、iOS8の対応が出来ない状態(例えば認証が確認出来ないなどの問題)になっているのではないかと予想されます。

 

auは過去の3G端末に、レベル2ロックと呼ばれていた制限をかけていました。これは機種に紐付けられたSIMカードでしか通信が出来ないという制限です。おそらくこれの名残り、もしくは似たような制限があることによって、mineoでは3Gのデータ通信が出来ないという仕様になっていると予想されます。

そしてこの特殊な規制状況こそが、mineoで今回iOS8以降の端末で通信が出来ないという事態に繋がっているかと思います。CDMA2000の特殊な規制を行っているMVNOがあるなど、Appleは知りもしないでしょう。ですから、今回の問題は特殊なCDMA2000にさらなる特殊な制限をかけてあるauと、それにより3Gデータ通信が出来ないmineoと、そんな特殊性を想定していないAppleという状態で問題解決には多くの複雑な困難を乗り越えなければ行けません。

 

そしてこの困難、つまりmineoがiOS8以降で今後通信出来るかというと、それは望めない可能性のほうが大きいです。

 

 

auはそもそもCDMA2000回りをこのLTEの時代に移行してきている段階で手を出すことは無いでしょう。そもそもau回線では問題なく通信出来るのですから。そしてそれが無いと、解決方法の一つである3Gデータ通信による認証でiOS8の壁を突破したいmineoにはなす術はなくなるでしょう。Appleも島国の1つのMVNOのために修正アップデートを用意するとは思えません。

こうした絶望的な状況から、今回mineoはiOS8の対応をしないという発表をこの早さでしてきたのだと思います。大元のauとAppleが、メリットがほとんどない問題の解決にコストを支払うとは思えません。次のメジャーアップデート=iOS9の登場時に仕様が変わることに望みをかけるしかないのではないかと予想します。

 

完全にこの内容は自分が妄想していることなので、根拠とかはほぼ無いですが、auの特殊性の上にさらに特殊性を重ねたmineoでは今後もiOS8以降ではLTEにすら繋がらないのは覚悟したほうがいいかもしれません。

mineoを使う場合はiOS7以前のiPhoneか、auから発売されたAndroidスマホを使うようにしましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 10年もauを使い続けてきた養分だが、急遽今日違約金を払ってまでもmioへ切り替えたヤシ

    なんてーか、au、いろいろと詰んでますなぁ
    電波の入りはすごくいいし、速度も速くて助かってたけど
    いかんせん、高い
    そこでmineoの登場かと思われたが、こんなことになってたのね

    しかし、ブログの主さん、ものすごく事情通ですばらしいですね
    「やすしむ!」ってタイトルにもセンスがあっていいです

  2. Androidでのmineoユーザーです。
    microSIMを入れ替えるとき大きさは同じでも
    基板のプリントは違っていました。
    3Gが使えないからかなと想像しました。
    ナノSIMも同じなのでは
    AUと同じ仕様で3Gも使えるSIMを供給してもらえば
    可能になるとおもいますが
    その場合は料金もAUと同じになってしまうかも

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top