やすしむ!!

Read Article

Xperia Z3 compact SO-02Gの白ロムが安すぎる件。35000円で買えるハイスペックなすごいやつ

Xperia Z3 compact SO-02Gの白ロムが安すぎる件。35000円で買えるハイスペックなすごいやつ

いやぁ、これはちょっと想定外な感じです。

12月19日にスマートフォン業界がちょっとどよめく事件が起きました。それは発売したばかりのソニーのハイスペック小型モデルスマートフォンであるXperia Z3 compact SO-02GがMNPで投げ売りされ始めたのです。ダイレクト割と呼ばれる一括価格を大幅に値引きする割引の対象になり、月々サポートが少なくなる代わりに端末代の安さで購入しやすくなっています。

現在Xperia Z3 compact SO-02Gは、MNPだと一括0円、2台同時だとキャッシュバックが5万円、地方によってはキャッシュバックが8万円ということでdocomoにしては久々の巨額キャッシュバックと同時に投げ売りをされているスマートフォンです。買取金額も28000円ぐらいはあるため、キャッシュバックも貰って本体も売り払ってMNPの多大な利益の恩恵に授かっている人が増えています。

このキャッシュバックが今までのdocomoでは本当に久しぶりに爆発した金額なので、大勢のMNP利用者がこのSO-02Gに殺到したということで、新品未使用の白ロムが一気に白ロム市場へと流れだし、買い取り6万・白ロム7万というその相場が一気に崩壊、現在買取価格が暴落する一方で白ロムの金額も非常に安い価格へと落ちてきました。

スポンサードリンク

白ロム35000円以下に

今現在のXperia Z3 compactの白ロム価格はなんと35000円。ついこの間まで半プレミアといった感じで白ロムが定価に近い販売価格だったのに、今ではそこらの白ロムなんかよりも安い35000円程度まで落ちてきました。発売されたのが11月12日という本当につい最近出てきた最新機種にも関わらずこの価格です。ちょっと安くなりすぎです。

しかもこの35000円が底値、ということにはならなそうなのが怖いところです。流石に2万円台になることはスペック的に考えにくいですが、現在進行形でMNPキャッシュバックが大量に貰える状態で投げ売りされていますので、白ロム市場には更に更に追加在庫が入ってくることになるでしょう。ということでもう2,3000円ぐらいは安くなる可能性が高い(どうやら白ロムの需要のほうが高まってしまい値上げ傾向になっています。欲しい人はこれ以上値上る前に買っておくことをオススメします。)です。(なぜ2万円台にならないかというと、このスペックのスマホが2万円台で白ロムになったら一気に海外の市場に流れるからです。)

※1月13日からdocomoがMNP一括0円の販売を終了してしまいました。そのため安くなる可能性がゼロになり、白ロムがこれから値上げしていくことが予想されます。場合によっては45000円以上に短期間で値上がりする可能性があるため、本当に早めに購入したほうがいいと思います。

Xperia Z3 compactのスペックをちょっと出してみました。

  • CPU:Snapdragon 801
  • RAM/ROM:2GB/16GB
  • 画面サイズ:4.6インチ HD(1280×720)
  • バッテリー:2600mAh
  • カメラ:2070万画素
  • 重さ:128g

フルHDでこそありませんが、ほぼ同サイズのiPhone 6もフルHDでないし問題ないでしょう。S801にRAM2GBは現在のフラグシップ級モデルと同等ですが、これが小型モデルに採用されているということで、今のところは唯一無二なハイスペックな小型スマホです。しかも解像度が低めなので、その分他のフルHDスマホと比べても体感的なサクサク感は上がっています。

過去の同系統のXperia Z1fに比べて4隅の角の丸みが増して持ちやすくなり、重さも若干軽くなっているので、持っていての使いやすさは過去シリーズ最高レベルです。Xperia A2のようなマットな背面と違って両面ガラスになってチープさが無くなって満足感の高い高級感を与えてくれます。

 

MVNOとの組み合わせに良し

docomoの白ロムということで、docomoの本回線に使うスマホとして使ってもいいですし、やはりMVNOと組み合わせた格安スマホ利用としてが最もそのコストパフォーマンスの良さを活かせるでしょう。最近はIIJ系のMVNOが速度落ち気味ということで、OCN系のOCNモバイルONEやNifMoあたりと組み合わせれば満足度も高くなることでしょう。

Xperia Z3 compactをMVNOで使うメリットとデメリットは以下のような感じです。

 

  • メリット

世間の格安スマホとほぼ同価格でもスペックが大幅アップ
一年のメーカー保証

 

  • デメリット

docomoのMVNOではテザリングが不可能

 

前回紹介したHuaweiのAscend P7もいいスマホですが、CPU性能ではXperia Z3 compactのほうが勝ります。Ascend P7ではLTEの周波数が少ない、FOMAプラスエリアに非対応のデメリットがありますが、Xperia Z3 compactでは出来ないMVNOでのテザリングが可能です。

メリット・デメリットはそれぞれ違いますので、自分の使用用途によって購入端末を選んでもらえればと思います。この2機種は今白ロムとして購入するならトップクラスのコストパフォーマンスのスマホです。ZenFone 5を買うぐらいなら今ならこの2機種を購入すべきでしょう。テザリングの有無が選ぶ最大の争点になるかと思われます。

ちなみにですが、ドコモショップでSIMロック解除をするとSoftbankやY!mobileのSIMカードでも接続することが出来ます。更にSoftBankならテザリングをすることが出来ます。(ただしMVNOはテザリング不可のまま。)

とにかく今白ロムを買うならXperia Z3 compactかAscend P7でしょう。とにかくこれだけのいいものが3万円台で購入できる現状はかなり恵まれた状態です。3万円近く支払うのは確かに高いですが、これら1台があれば今後数年は買い替える必要のないレベルで扱えますので数年分の支払い総額として考えれば、そこらの低スペックな格安スマホを購入するよりもコスパはいいです。

Xperia Z3 Compact SO-02G docomo [Green] 白ロム 利用制限無期限保証

新品価格
¥34,377から
(2014/12/26 20:00時点)

URL :
TRACKBACK URL :

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. スマホころがし太郎

    いつも楽しく読ませていただいております。

    Z3コンパクトがソフトバンクのSIMでテザリング可能で、
    MVNO回線でNGというのは、帯域制限の絡みなのでしょうか?

    私はソフトバンクのiPhone5SのナノSIMでテザリング等をSO-02Gで楽しんでいますが、これって海外で買ったSIMとかであればテザリングできるのかなあ~と気になっています。

    • やすしむ管理人

      docomoのSIMカードかどうか、というのが問題らしくてテザリング時にテザリングAPNがSPモードのものに固定されてしまうようです。なのでSoftBankでは可能でMVNOは不可能、ということらしいですが、ちょっと海外のSIMカードでも利用可能かどうかはわからないですね、ごめんなさい。

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top