やすしむ!!

Read Article

docomoのラストセールを見逃すな!スマホもタブレットもルーターも全部安い

docomoのラストセールを見逃すな!スマホもタブレットもルーターも全部安い

いくらドコモが値下げや割引増額に消極的とはいえ、やっぱり決算や入学準備とかが重なるこの3月は、セールに力を入れてきています。

その3月ももうすぐ終わろうとしていますが、ここにきてまた新しいセール機種の追加が出てきたり、今回のセール時期を逃したらしばらくは安く買えないという機種もあるため、改めて今月までの限定セールの対象になっている機種をまとめてみたいと思います。

 

4月になると例年2~3万円の値上がりや安くしていたキャンペーンが終了するので、3月中に契約申し込みが出来なかった場合に、4月も同じ値段で契約できるというのは非常に低い確率しかありません。3月と同じ値段になるのは4月以降だと次期iPhoneの発売前の8月9月ぐらいまで待たないといけないですし、それも確かではありません。

3月中限定というのが限りなく決まっている今回のセール、迷ったり考えたりするにはちょっと時間が足りないかもしれませんが、確実に今はdocomoが安くなっているので、急ぎ足でも機種変更や新規契約をしてみる価値はあります。

 

一括0円機種が豊富

この3月のセールの特徴は、新規契約のみならず機種変更でも一括0円の機種が見られることです。

普通機種変更では一括でこんな安さになることはまずありません。3月セール特有の現象でしょう。

 

しかも一括0円の対象は昔みたいな型落ち旧スマホではなくて、2015年後半に発売された最新モデルのスマホや機種が含まれているとんでもない状況です。

次にある通り、スマートフォンのみならず、タブレット(しかもiPadシリーズ!)、モバイルWi-Fiルーターが数多く揃ってます。

 

スマホ

ARROWS NX F-04G 機種変更一括
arrows fit F-01H 機種変更一括
AQUOS EVER SH-04G 機種変更一括
Disney Mobile on docomo DM-01G 機種変更一括

 

タブレット

iPad mini4 16GB限定 iPad特別割引(条件特になし)で一括0円
iPad Air2 16GB限定 iPad特別割引(条件特になし)で一括0円

 

Wi-Fiルーター

L-01G 機種変更一括
HW-02G 機種変更一括

 

注目はスマホよりも実はタブレットとルーターです。

 

タブレットはなんとiPad mini4とiPad Air 2の両方が何と新規一括0円!タブレットはdocomoならシェアのデータ回線としてシェアオプションに加入することで、維持費は2500円というものになりますから、機種代も維持費も安い形で追加の新規契約をすることが出来ます。

これがもしも下手に性能の悪いタブレットだったら、オススメするのにもっと注意喚起をしますが、今回のタブレットはiPadシリーズとなることから、注意する必要がないぐらいのちゃんとしたタブレット機です。これならdocomoを使っているなら普通にお得な価格であり契約でもあるので、3月中に契約をすすめてみるべきだと思います。

 

そしてもう一つ、モバイルWi-Fiルーターも実はかなりお得になっています。というのも今回の機種変更や新規契約は、契約後12ヶ月(実際には14ヶ月間)は次の機種変更ができなくなっており、だからこそ今回これだけ安い料金になっているのですが、ルーターの場合は契約後にすぐに機種変更をしても何もペナルティはないですし、更新月が近いなら解約しても良くなっています。

なので解約間近の回線を機種変更することで、月サポが消えることぐらいのデメリットで、一括0円でモバイルWi-Fiルーターを手に入れるという大きなメリットを得ることが出来ます。更新月が近い回線や端末購入サポートが終わった回線なんかがあったら、機種変更しないとむしろ損なぐらいのお得な契約なので、絶対にこのモバイルWi-Fiルーターは契約しておきましょう。

ドコモオンラインショップでは度々在庫が切れますが、すぐに在庫復活となるので、期間は短いものの定期的にチェックしておけば3月中に機種変更することができると思います。

 

一括0円機種はタブレットとルーターがかなりお得なので、この2つを特にオススメしたいと思います。

 

1万円以上になると性能の高いスマホが数多く出てくる

一括0円ではないものの、1,2万円までなら予算内という人もいると思います。もしも1万円以上支払えるならば一括0円スマホよりももっと性能が高いスマホに機種変更出来るので、多少お金をかけてこちらのスマホを今回は機種変更に選んだほうが良いと思います。

スマホ

Nexus 5X 10368円 機種変更一括
AQUOS Compact SH-02H 10368円 機種変更一括
Galaxy S6 SC-05G 10368円 機種変更一括
Xperia Z5 SO-01H 10368円 新規一括
iPhone 6s 10368円 機種変更実質価格
iPhone 6s 10368円 機種変更実質価格

 

タブレット

iPad Air2 64GB 10368円 新規一括
Xperia Z4 Tablet 20088円 新規一括

 

タブレットはiPad Air 2の64GB以降が対象です。1万円をプラスして64GBが手に入るなら安いものだと思います。AQUOS PADは価格コムの評判が最悪なのでやめておきましょう。Xperia Z4 Tabletはオススメですが、他のタブレットやスマホの安さを見ると2万円は高く感じてしまいます。

ただタブレットはiPadとXperiaはどれもこれら1台買ってしまえば、多分3年・4年は使い続けられるぐらいのハイパフォーマンスを見せるので、0円~2万円で買えることを考えたらコストパフォーマンスは良いでしょう。

 

スマホは本当にたくさんの機種が1万円ちょっとの価格で契約できます。機種変更で多くが一括で契約出来ますが、iPhoneのみ実質価格(2年間の利用が前提)/Xperia Z5が新規のみとなっています。

日本向け機能が使えるスマホだとAQUOS Compact SH-02Hが安い上にキャップレス防水や各種機能も揃っている良い機種です。

日本向け機能がなくてもいいならNexus 5xが在庫があるスマホの中でもOSアップデートの充実さやスペックの高さから安心感があります。

 

これらの機種は14ヶ月間解約や機種変更をしなければ一括0円となるわけですが、もしも新しいスマホを2年以上使う予定というならiPhone 6sの16GBが結果として同じ価格での機種変更が出来るようになってます。あまり機種変更する機会が無い人は、iPhone 6sなら性能やサポート面でも充実しているためにこちらを選んでも良いでしょう。

 

これだけのセールを逃してはならない

こういった感じでこの3月はほとんどのスマホやタブレット、それにWi-Fiルーターが安くなるという状況になっています。これは多分3月で終わりで、4月からはこの価格での契約は無理でしょう。

その理由は総務省の携帯料金に関するパブリックコメントにおいて、docomoが他社の行う割引全般に対して、「ルール違反だ」として文句を言っているからです。簡単に状況説明するならば、auとSoftBankが今現在値引きや安売りを実現させているキャンペーンが、先日の総務省指導に反していると指摘しまくっています。

 

本来契約者には有利なはずの値引きキャンペーンをdocomoはつぶす方向に動いているわけです。これが効いたのかauはMNPののりかえ割を前倒しで3月31日で終了させるという対応をしています。docomoにとってはもう安売りも料金値下げもしたくない故に、他社の安売り批判をしているところが見られるため、今回の3月セールが終わったら一気に値下げ機種などは市場に出さない方針に変わるかもしれません。

このように市場が総務省の指導のもとに値引きできない環境になっており、4月以降はそれがもっと強くなる印象が最近の流れから感じられます。

そういう市場動向の変化から、このセールを逃したら次安くなるのがいつになるか、というぐらいに先が不透明な状態なので、今月機種変更や新規タブレットを購入するということは間違ってない判断かと思われます。

 

機種変更についてはiPhoneやXperiaの記事にも書いたように、ドコモオンラインショップが一番安くて安心して契約できます(頭金と事務手数料がないため)。
iPhone6sの機種変更、docomoが3月末まで値下げ iPhone5sからののりかえにベスト | やすしむ!!
新規はドコモショップによってはもっと良い契約が出来るかもしれません。特にタブレットは0円じゃない機種も0円になるかもしれません。

ドコモオンラインショップ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top