やすしむ!!

Read Article

1万円以下の格安スマホセットをNifMoとDMM mobileが提供中

1万円以下の格安スマホセットをNifMoとDMM mobileが提供中

久しぶりに安い格安スマホが提供されました。

格安スマホを契約するときにネックとなるのはスマホ本体の端末価格です。MNPでキャリアに移動する時には時に一括0円など、端末価格が大幅に値下げされてハイスペックな最新に近いスマホが低価格で買える可能性があります。

これに対して格安スマホは通信料こそ毎月安くなるものの、端末価格はほぼ定価での購入が必要となってきます。分割で契約するとキャリアモデルと比べてもそこまで大きな予算削減には繋がらないことが多く、この端末価格を以下に工夫して安くするかということが格安スマホをより安くするためには必要なものになっています。

この端末価格の問題については中々MVNOの体力的に値下げを行うというのが難しいのがこれまでの一般的な状態でしたが、現在2社ほどがキャンペーンとして端末価格の非常に安い格安スマホの提供を開始しています。このキャンペーンスマホならば端末価格をかなり抑えた上でミドルレンジの格安スマホを手に入れることが出来るようになっていますので、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

格安スマホその1:NifMoのZenFone 2 Laserセット

まず今回端末価格の大幅な値下げを実施しているMVNOはNifMoです。

NifMoではASUSから発売されているミドルレンジスマホであるZenFone 2 Laserを非常に安価な価格で販売しています。

ZenFone 2 Laserは約2万円台前半のスマートフォンで、決して高性能ではないもののASUSの高いチューニング力を活かして、標準的な使い方においてはほとんどの場面でサクサクとしたストレスのない動作をしてくれ、スマホの使い方がネットの調べ物中心、SNSやLINEといったコミュニケーション中心の使い方を予定しているのならば、まず困ることの無い性能をもったスマートフォンになっています。

そんなスマホが一括で今回9800円でのセット販売をされています。ZenFone 2 Laserはこれまで高い人気を博していたスマートフォンで、それなりに他のMVNOでもセールの実施が行われてきましたが、1万円を下回る価格で販売されるというのは自分の把握している中ではなく、かなりのセール特価価格にされて販売がされていることになります。

契約できるプランは音声プランに限られていますが、月額は1980円と比較的に割安です。1980円の内訳は音声通話+3GBデータプラン+あんしん保証パックといった内容です。

あんしん保証パックは加入必須の条件となっていますが、端末故障時にしっかりサポートしてくれるので決して悪いオプションではないでしょう。

音声回線プランということで短期解約には契約解除料がかかります。6ヶ月以内に解約した場合は解約金として8000円がかかっていまします。端末価格は安いですし通信料も安いですが、ある程度長く使う予定がないと解約金等の負担が強まってしまうので注意してください。

NifMo自身のMVNO回線の品質も高く、速度比較系の記事では何か月もdocomo系回線の中ではトップを維持しており、不満を感じることは少ないために長く使うことの出来る格安SIMになっているので、ZenFone 2 Laserとの相性はかなり良いかと思います。問題があるとすれば3日間での総通信量の制限があることぐらいです。ですがこれも3日制限があるから速度を維持できていると考えることも出来ます。

この格安スマホセットは端末価格の問題を見事に解決した理想的な特価スマホの一つになるでしょう。数量限定とのことなので興味のある人はちょっと急ぎ目で買ってみてはいかがでしょうか。

 

格安スマホその2:DMM mobileのHuawei Y6セット

y6

もう一つの格安スマホセットはDMM mobileが提供しています。

DMM mobileではASUSと並ぶSIMフリースマホの雄であるHuaweiの廉価モデルHuawei Y6を一括9800円でセット端末として販売しています。こちらの定価は1万円台後半もしくは2万円を少し下回る価格での販売がされている機種です。

割引率ではZenFone 2 Laserよりも良くはないのですが、こちらの格安スマホ契約はデータプランでの契約も可能になっている点は注目です。回線への不満があっても解約金不要で別の格安SIMへの乗り換えも容易な格安スマホセットになっています。

DMM mobileは定量制の料金プランではほぼ業界最安値となっている他、回線品質ではIIJmioの回線を利用している点からも高い安心感を得られる回線です。

Huawei Y6はエントリー~ミドルレンジのスマホです。スペック面では控えめですが、こちらもASUS同様に廉価モデルスマホの販売で高いチューニング力を身に着けたHuaweiということもあって、普段使いでのストレスはかなり少ない端末ですので安心して利用できるかと思われます。

 

どちらを契約すべきか

今回はこの2つの格安スマホセットが1万円以下でスマホ端末本体を安く購入できるという点で注目かつオススメになっています。

この内どちらを買うべきかというのは中々難しい問題ですが、その点で悩む人もいると思うので比較をしてみてどちらがお得かを考えてみましょう。

まずはスペック表を並べてみましょう。

スペック比較 ZenFone 2 laser Huawei Y6
OS Android 5.0.2 Android 5.1
CPU Snapdragon 410 Snapdragon 210
RAM 2GB 1GB
ディスプレイ 5インチ HD 5インチ HD
アウトカメラ 1300万画素 800万画素
重量 145g 155g
バッテリー容量 2400mAh 2200mAh

 

基本性能の中で一番動作に関わる点はCPUとRAMの違いでしょう。Huawei Y6がS210/1GBなのに対してZenFone 2 LaserがS410/2GBです。

CPUは基本動作の処理に関わり、S210よりもS410のほうがより快適に各種動作を素早く処理してくれます。

RAMは特に普段の利用の中ではアプリ動作の重さが快適になるか否かに関わるスペックで、今だと2GBあれば一応安心して各種動作に対応出来ます。ここのスペックが高いZenFone 2 Laserのほうが性能面で選んだ時にはベストに近いでしょう。

また元々の価格的にもZenFone 2 Laserのほうが高額となっています。一方で今回の割引価格を見るとどちらも9800円となっており、単純な割引率としてはZenFone 2 Laserのほうが高いということになります。端末のお得さという点でもZenFone 2 Laserのほうが良いでしょう。

契約のほうに目を向けると、DMM mobileのHuawei Y6のほうは分割支払いにも対応しており、またデータプランのみの契約にも対応しています。一方でNifMoは音声契約に限定されており、あんしん保証パックへの加入も必要ということで自由度の高いDMM mobileと比べると見劣りしてしまいます。

以上のことから

  • 性能重視・割引やお得度重視⇒NifMoのZenFone 2 Laserセット
  • 契約のしやすさ重視⇒DMM mobileのHuawei Y6セット

という結論になるかと思われます。

サブのデータ通信オンリーのスマホとして契約するならDMM mobileのHuawei Y6セットですが、それ以外に普通に良いスマホをちゃんとしたMVNOでメインに使いたいという場合には、NifMoのZenFone 2 Laserセットが無難ということになります。

こうした基準で選べば今回の1万円以下の格安スマホセットで後悔しない選択をすることが出来るはずです。

NifMo ZenFone 2 laser あんしんパック

DMM mobile Huawei Y6

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top