やすしむ!!

Read Article

「端末購入サポート」スマホ維持費計算 SO-01G,SC-04F,SH-01G,SH-02G他

「端末購入サポート」スマホ維持費計算 SO-01G,SC-04F,SH-01G,SH-02G他

「端末購入サポート」による値引きによってハイスペックかつフラグシップなモデルのAndroidスマホが複数投げ売り価格になっています。

Xperia Z3のサイズの異なる2モデルが新規とMNPで、AQUOS ZETAとGALAXY S5は機種変更でも低価格に値下げされています。ただしこの値下げに使われている「端末購入サポート」は、SoftBankの一括購入割引のように短期間での機種変更やパケフラ外し、解約に対して3万〜5万円もの短期解約金が上乗せされる割引であるため、結構注意が必要です。

そんなわけで「端末購入サポート」の対象となったスマホは、安くはあるものの単純に安い値段で端末だけを手に入れたい人からは、短期解約金と維持費の問題で安くても無視されています。ということはこの安さで契約するメリットがあるのは、どうしても対象のスマホを使いたくて仕方のなかった人、ぐらいです。

そういった真面目に使う予定のある人にしか需要の無い、ある意味正しいケータイ契約の方向に進ませる事にこの「端末購入サポート」は一役買ってます。まあ実際フラグシップモデルが新規や機種変更でこれまでに無い安さですから、普通にdocomoを使う人にとってはかなり買いやすい値段になるかと思います。そうした普通に真面目に使う予定の人達に向けて、この「端末購入サポート」を使って今回安くなったスマホを契約した場合、維持費がいくらになるのかということを計算してみたいと思います。

「端末購入サポート」の縛りが解けるまでの総維持費も出しておくので、一部の端末だけ安く買いたい人にもちょっとは参考になるかもしれません。

スポンサードリンク

端末購入サポート対象スマホの維持費3例

「端末購入サポート」による販売対象になったスマホは、ちょっと前にドコモが同じく安売り系の施策に使っていた「MNP限定特別割引」のように一律な月々サポートがついたりするわけではありません。今のところ3つの異なる形で月々サポートの金額が出てきているので、その3つを対象スマホと一緒に紹介しようと思います。

ちなみに端末代が安くなっているため、一括購入した前提で話を進めていきます。

月サポ 810円の場合

月サポが810円ある「端末購入サポート」の対象スマホは、確認できるもので4機種あります。

Xperia Z3 SO-01G(新規,MNP)GALAXY S5 SC-04F(新規,MNP,機種変更)AQUOS ZETA SH-01G(新規,MNP,機種変更)Disney mobile SH-02G(新規,MNP)

凄いメンツが揃ってます。しかも機種変更もありになっているので、安さが半端無くなってます。これらのスマホが月サポ810円付きです。ということは家族まとめて割も適用できるということですね。

カケホ/データ カケホーダイ(スマホ/タブ) データプラン(スマホ/タブ)
パケットパック種別 Sパック 10シェア シェアオプ(子) Sパック 10シェア シェアオプ(子)
カケホーダイ基本料 2916円 1836円
spモード 324円  324円
パケットパック料金 3780円 10260円 540円 3780円 10260円 540円
月々サポート ▲810円 ▲810円
総額 6210円 12690円 2970円 5130円 11610円 1890円

これでも「端末購入サポート」の中では一番高い月々サポートの金額なのですが、維持費として出してみるとどれも高額な料金が目立ちますね。データプランのシェアオプションが唯一許容できるレベルですかね。

一括でスマホ本体の金額を支払っても、実質0円スマホを分割で支払った時のような料金が毎月かかります。データプランで2台持ち・・・にしても2000円じゃちょっと高いでしょうか。

 

月サポ378円の場合

月サポ378円なんていう中途半端な機種もあります。1機種のみです。

Xperia Z3 compact SO-02G(新規,MNP)

ちょっと前までMNP限定割になっていたスマホですが、更に値下げされる代わりに「端末購入サポート」の適用が始まりました。割引適用後は9072円が一括での価格です。

カケホ/データ カケホーダイ(スマホ/タブ) データプラン(スマホ/タブ)
パケットパック種別 Sパック 10シェア シェアオプ(子) Sパック 10シェア シェアオプ(子)
カケホーダイ基本料 2916円 1836円
spモード 324円  324円
パケットパック料金 3780円 10260円 540円 3780円 10260円 540円
月々サポート ▲378円 ▲378円
総額 6642円 13122円 3402円 5562円 12042円 2322円

珍しい金額の月々サポートですね。spモード分がタダになる程度の恩恵しかありません。一応スマホがハイスペックかつ小型なZ3 compactなので、それが10000円以下の一括価格で契約できるメリットの代償と考えれば許容できそうな内容かもしれません。

でも白ロム買ったほうが安いんですよね。。。

 

月サポ0円の場合

月サポが0円なんてスマホもあります。一応2機種ですが、どちらもベースモデルは共通で、限定コラボモデルとディズニーモデルです。

SH-01F DragonQuest(新規,MNP,機種変更)Disney Mobile SH-05F(新規,MNP,機種変更)

月サポ0円なので割引一切なしです。ですがその反面なんと本体代も一切かからないという機種です。割引は0円だけど価格も0円という両極端なメリットデメリットがあります。

カケホ/データ カケホーダイ(スマホ/タブ) データプラン(スマホ/タブ)
パケットパック種別 Sパック 10シェア シェアオプ(子) Sパック 10シェア シェアオプ(子)
カケホーダイ基本料 2916円 1836円
spモード 324円  324円
パケットパック料金 3780円 10260円 540円 3780円 10260円 540円
月々サポート ▲0円 ▲0円
総額 7020円 13500円 3780円 5940円 12420円 2700円

高いっちゃ高いんですけど、本体代金が一括0円で契約できるので、それを考えたら8ヶ月後に機種変更しても残債が残らない実質0円相当のスマホとして意外といいかもと思ってます。調度今買えば次の新型iPhoneの時に縛りが消えるでしょうからね。

節約目的の人には向きませんが、月々サポートが元々ない回線を持っているdocomoユーザーなら料金変わらずに0円で機種変更できるスマホになる、と考えてもいいかもしれません。

 

端末購入サポートの解約金

今回計算した維持費は購入から最低でも8ヶ月フルでかかります。「最低でも」ですのでお気をつけ下さいね。もしも途中で「パケフラを解除」「機種変更」「解約」「FOMAなどに変更」をした場合はスマホごとに設定された「端末購入サポート」の解約金がかかります。以下の表のように個別で違います。

Xperia Z3 SO-01G 33696円
GALAXY S5 SC-04F 35208円
AQUOS ZETA SH-01G 33696円
Disney mobile SH-02G 36936円
Xperia Z3 compact SO-02G 29808円
SH-01F DragonQuest 44496円
Disney Mobile SH-05F 42660円

一番安い解約金がXperia Z3 compactの29808円とかいう高額なものになっているので、今回「端末購入サポート」の対象になったスマホを購入する場合は、計算した維持費を最低でも8ヶ月支払う余裕があるかどうかを確認してからじゃないと危険です。

途中でちょっとスマホ料金節約したいからとパケフラを解除したり機種変で月サポ増やそうとすると、文句なしに「端末購入サポート」の解約金がかかってしまうので、注意しすぎるくらいがいいと思います。

 

これまで高いスマホ代を払っていて、最新スマホをこの安さで買えるんだったらあと8ヶ月ぐらいまた高いスマホ代でも我慢出来る、という人には凄い助かる割引にはなるでしょうが、すぐにでもスマホ代を節約したいと考えている人は絶対に手を出さないようにしましょう。8ヶ月も縛られますし、スマホを売っても解約金の足しにはならないでしょう。

安いですが慎重に。これが「端末購入サポート」で値引きがされているスマホを買うときの基本姿勢になるかと思います。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top