やすしむ!!

Read Article

docomoの安売りがエグすぎる!最新性能の夏モデルや17年冬モデルが機種変更で値下げ、最安では0円に近い金額に

docomoの安売りがエグすぎる!最新性能の夏モデルや17年冬モデルが機種変更で値下げ、最安では0円に近い金額に

安売りしすぎ!値引き激しすぎ!

iPhone XSにiPhone XR、それにGalaxy Note9やGoogle PixelにXperia XZ3と最新の注目スマホが登場してくる中で、docomoの旧モデルの値下げというのがかなり激しくなっています。

人気が最新モデルに移っていく中で旧モデルの在庫が掃けないゆえの値下げになるのでしょうが、その値引きの仕方が加減のないレベルになっていて、旧モデルで構わない人にとってはとても買いやすい価格へと今回安売りされています。

値下げは11月1日から実施されて10機種以上が対象になっています。

スポンサードリンク

docomo安売りは11月から、最新性能の夏モデルが中心

docomoでは11月から値下げを行い多くのスマホが機種変更などで安売りされます。

安売りの対象となるスマホは2018年夏モデル中心になっており、2017年の冬モデルも一部含まれています。

 

0円級に安いスマホは17年冬モデルですが、18年夏モデルも一部でかなり低価格となっており、これからdocomoを契約するのであればかなり安く買えるようになっています。

その値下げ後の価格というのが次の表のようになっています。

11月価格
 P20 Pro HW-01K 23,976円
 Xperia XZ2 compact SO-05K 27,216円
 Galaxy S9 SC-02K 34,992円
Xperia XZ2 SO-03K 37,584円
AQUOS R2 SH-03K 38,880円
Galaxy S9+ SC-03K 54,432円
Xperia XZ2 Premium SO-04K 57,024円
arrows NX F-01K 5,832円
M Z-01K 5,832円
V30+ L-02K 15,552円
JOJO L-02K 38,232円

夏モデルの高額スマホはこれでもまだ高いですが、一部の機種はがっつりと値下げの対象になっています。

17年の冬モデルに関してはどの機種も安い料金になっていて、5,000円ほどのスマホが2つも追加されています。

 

ここから更に値下げが行える「オンラインショップ限定特典」

この値下げ後の安値でも、17年冬モデルや18年夏モデルの一部は「買い」であると言える安さなわけですが、この価格をもっと安くできる契約方法というのがドコモオンラインショップで用意されています。

それがオンラインショップ限定特典です。これがドコモオンラインショップでの契約では適用がされるため、普通にショップで契約するよりも安く機種変更などができるようになっています。

オンラインショップ限定特典は家族まとめて割を1台でも適用できるというキャンペーンなので、もしも家族まとめて割を適用することができないようであればオンラインショップで契約して限定特典を受けたほうが確実に安くなります。

このオンラインショップ限定特典では5,184dポイントの還元が機種変更で、5,184円の値引きが新規・MNPで可能になっています。こちらの還元があることによって、今回の11月からの安売りは次の表のようにさらに実質的な契約価格が安くなります。

表の全てが5,184円分の還元がされますが、ここでは一部の注目機種の値下げ額を見てみましょう。

オンライン価格
arrows NX F-01K 648円
M Z-01K 648円
V30+ L-01K 10,368円
P20 Pro HW-01K 18,792円
Xperia XZ2 compact SO-05K 22,032円

まず安売りの中でも目立つのがarrows NXとM Z-01Kの648円コンビです。少しでもポイントなんかがあれば簡単に実質0円以下での契約も可能になるほど安い価格がつけられています。

性能面では他の安売り機種には劣ってしまうものの、それでもこの2つは安さが際立ったスマホです。すでに10月から648円機種になっているXperia XZ1 compactと共に安売りという点で優れた契約内容となっているため、これで3つの648円スマホがdocomoで揃ったことになります。

この中で性能が良いのはXperia XZ1 compactがSnapdragon835をつかっているために、今回の追加値下げ機種よりも上の扱いにはなりますが、arrows NXは耐久性が高くて割れないスマホとしての魅力が、M Z-01Kは2画面という圧倒的個性という魅力があるスマホとなっているので、性能以外のところに目を向けるのであれば今回の追加648円スマホも選択肢に入ってくると思います。

⇒arrows NX F-01K ドコモオンラインショップ

⇒M Z-01K ドコモオンラインショップ
同じく値下げ機種の中ではV30+が10,368円というこちらも機種変更にしてはかなり安価な価格となっています。

Xperia XZ1も先日同じ価格に値下げされたため、この約1万円で買える機種というのは2つに増えた格好になります。どちらが良いスマホかと言えばV30+のほうになるでしょう。

V30+はXperia XZ1と同じSnapdragon835をつかったスマホですが、実際の利用における電池持ちの良さはV30+のほうが良いです。またカメラも発色が自然で、デュアルレンズのために広角撮影にも対応しています。しかもDAC搭載、有機EL採用、18:9のディスプレイ比率と、Xperia XZ1が持っていない良さというものを持ち合わせており、同じ10,368円ならばまず先にV30+の在庫の有無を確認すべき程に性能や機能が優れています。

こちらの1万円のスマホに関しては今回の値下げ機種の追加によってより良いスマホが選択肢に入ってきたことになります。

⇒V30+ L-01K ドコモオンラインショップ
2018年の夏モデル値下げ機種ではP20 Proが大幅な値下げを実行されて2万円を下回る18,792円での契約ができるようになっています。

この値下げはかなり強烈になっており、当初の実質価格が6万円に近かったことを考えると驚異的な値下げ状況です。夏モデルが18,792円で契約できるというのは本当にお得でコスパが良いと思います。これまで夏モデルのコスパの良さではXperia XZ2 compactが良い内容を示していましたが、それよりもさらに下の価格をつけており夏モデルとしては最安となりました。

夏モデルから選ぶならこのP20 ProかXperia ZX2 compactがお勧めです。どちらも性能が高く、Xperia XZ2 compactはSnapdragon845を採用しているために性能が高くAntutuは26万点近い高性能さを見せます。P20 Proも高性能なSoCで、Snapdragon835以上のAntutu20万点を記録しています。

 

機能では防水にオサイフを取り入れながらコンパクトさを見せるXperia XZ2 compactが使いやすいですが、P20 Proはそのカメラ性能がスマホ界の中でほぼトップとなっており、写真を良く撮るのであれば最強の機種になっています。iPhone XSやGalaxy Note9といったモデルよりもカメラ性能は良いとの評価がDxOmarkでなされており、写真をメインの機能として使いたい方にお勧めのモデルです。

どちらの機種もハイエンド系のスマホの中ではオンラインショップ限定特典を加えた時の価格が最安値級になっており、コストパフォーマンスという点で非常に優れた価格内容になっています。

高性能モデルのスマホを安く買いたいと考えている人だと、この2機種がまずはその候補になってくるでしょう。

⇒P20 Pro HW-01K ドコモオンラインショップ

⇒Xperia XZ2 Compact SO-05K ドコモオンラインショップ

 

下取りやdポイント利用でさらに安くすることもできてしまう格安スマホに

このように11月の値下げに加えてドコモオンラインショップで契約することによって適用できるオンラインショップ限定特典も加えて考えた際に、それぞれのスマホの販売価格はお買い得さが際立って感じられるレベルにまで値下がりしています。

しかもここに追加で他のキャンペーンを利用することもできており、下取りプログラムや余っているdポイントを利用することによって、機種変更の実質価格は更に下がるようになっています。

 

特に今回は648円スマホというものが用意されているため、ちょっと追加で割引ができる施策を入れることによって0円に近い形での機種変更といったところも利用することができます。

1万円や2万円の機種でも下取り込みで契約できれば0円に近づけるのも不可能ではないため、今回の安売りと施策をうまく組み合わせることによってより安い契約というものを実現できます。

まだ限られた機種が対象ではありますが、V30+やP20 Pro、Xperia XZ2 compactは性能も良い上に価格も安いということで契約の価値が十分にあるスマホとなっていますので、この機会での契約というものをひとつオススメしておきたいです。

11月はこれらの安売りが開始された機種の契約というものを狙ってみてください。

 

機種変更はドコモオンラインショップで

なお契約の際にはオンラインショップ限定特典の5,184円dポイントなどの特典を適用させるためにもドコモオンラインショップを利用しましょう。

こちらはショップ契約だと家族まとめて割で2回線分契約しないといけなくなるため、5,184円引きの適用難易度が難しくなります。

しかもオンラインショップには「頭金0円・事務手数料0円」という、こちらの方がぶっちゃけ大きいと言えてしまうショップ契約と比較した時に確実なメリットとなる要素が用意されています。

このため特に頭金を課せられる機種変更なんかにおいてはオンラインショップ契約というのを行って、安く契約するための工夫というのも必要になります。

契約はドコモオンラインショップで行いましょう。

⇒docomoオンラインショップ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top