やすしむ!!

Read Article

docomoのiPhone 8/6s、機種変更のススメ docomoの高性能格安スマホとして人気が高い2つの契約

docomoのiPhone 8/6s、機種変更のススメ docomoの高性能格安スマホとして人気が高い2つの契約

docomoで機種変更をする上で人気が高く、オススメできる2機種についてを紹介しようと思います。

オススメとして挙げられるのは

  • iPhone 8
  • iPhone 6s

という2つのdocomoの機種変更です。この2つはどちらも契約内容が非常に優れていて、安さに重きを置いた契約ができる上に性能面でも不満もなく契約することができるものになっています。

この2つの契約内容の良さというのは、そこまでスマホの機種にこだわりがなく、とりあえず良いものを安く契約したいといライトユーザー層を中心にオススメできるものになっていて、Androidスマホ以上に安いために万人に勧めることができる良い契約となっています。

 

この2つの内iPhone 8はより性能と長く使えるパワフルさを持った上で安く、iPhone 6sは十分な性能と長期間安く契約できるという特徴を持ったスマホ契約になっています。

どちらもdocomoユーザーなら確実に満足度高く利用できるものになっているので、こちらの2つの契約は機種変更を予定しているならぜひとも詳しく見ておいてもらいたいものになっています。

スポンサードリンク

iPhone 8の機種変更は実質価格がハイスペック機種の中で最安級!

まずはiPhone 8の契約内容についてを詳しく説明していきましょう。

 

iPhone 8は今機種変更でかなり安くなっています。

9月の値下げによってその価格は2年間利用した実質価格で19,440円となっています。

 

これはdocomoのスマホ、それも性能が高いハイスペック機種の中ではほぼ最安に近い価格です。同じレベルの性能を持ったスマホの中では唯一Xperia XZ1やXperia XZ1 CompactなんかがiPhone 8よりも安いぐらいで、その他の多くのハイエンドモデルはこんな価格では収まらない高額な価格をつけています。

単純な機種変更価格としてもかなり安い2万円以下という金額をみせているわけで、そこに性能の高さ・何年使っても古臭さを感じさせないだけのスペックの高い性能の良さを持っているのがiPhone 8の今の機種変更契約の内容となっています。

iPhone 8 64GB 機種変更価格
端末一括価格 88,776円
月々サポート ▲2,889円
実質価格 1,944円

19,440円は64GBモデルになります。現在64GB以外はほぼ在庫がないため、このモデル以外は残念ながら購入候補とはなってこないでしょう。ただ64GBでも十分にデータの保存に対応できるため問題はないかと思います。

ここに下取りプログラムやdポイントなど、キャンペーンによる値下げも加え入れて価格を安くすることができるため、工夫次第ではiPhone 8という構成モデルでも実質0円での機種変更というのも実現できるようになっています。

 

この安さこそがiPhone 8の契約の最大の魅力になります。高性能機種の中ではほぼ最安に近い機種変更価格を実現しており、今スマホへと機種変更をするなら理想的な安さを見せています。

 

iPhone 8の高機能性、リセールバリューの高さも見逃せない

もう少しこのiPhone 8契約の魅力について深く探っていきましょう。

iPhone 8の契約の魅力は安くありながら「iPhone 8」を手に入れられるという点です。

iPhone 8はその機能性の高さから最新のiPhone XSにほとんど劣らない性能・機能を持っています。

Apple Payに対応しており、ほぼおサイフケータイに近い利用方法が可能になっており、防水・防塵ももちろん完備しています。Qi充電にも対応しているためワイヤレス充電も利用することができます。そして最新のモデルではなくなってしまいましたが非常に認証速度も精度も良い指紋認証が使えるというのは機能面での大きな魅力です。

 

またリセールバリューの高さにも目を惹かれます。

iPhoneは基本的に中古市場において2年前、3年前のモデルであっても高額に買取をされるため、将来的に売却やあるいはキャリアの下取りを利用しようとしたときに、iPhone 8なら他のスマホとは比較にならない高額な金額を期待できるようになっています。

こうした未来の価値を考えた時にiPhone 8は2年3年と使い続けた後も次の機種変更をうまく値下げしてくれる存在になるのは間違いありません。

 

iPhone 8に関しては契約の安さ以外にもこうした付加価値の高さというところも魅力的となっています。

これらの内容がiPhone 8を機種変更向けの契約としてオススメする理由となります。
⇒docomoオンラインショップ:iPhone 8

 

iPhone 6sはdocomo withで永年割引!長く使っても維持費が高くならない格安スマホ契約

続いてはiPhone 6sの契約についてです。

2018年8月より2年ほど前に発売されたiPhone 6sが再びdocomoで販売が再開されました。

これはdocomo withの対象機種に追加されたことによる販売再開となっており、従来よりも価格や割引がお得になった契約というものができるようになっています。

とりあえず具体的に価格についてを次の表で確認しておきましょう。

iPhone 6s 32GB 機種変更
端末一括価格 42,768円
docomo with ▲1,620円
実質価格 3,888円(24ヶ月で計算時)

容量のモデルは1つしかありません。

一括での価格が4万円弱と購入のしやすさはかなりあります。この一括での安さならばわざわざ24回の分割支払いを選ばずに支払うことのできる金額設定になるかと思うので、購入する際には思い切って一括購入を行ってみても良いかもしれません。

割引は毎月1,620円が適用されて、2年間の分割契約時の実質価格は約4,000円ということになります。

この実質価格についてはほぼ0円と考えてよいかと思います。

 

実質0円・・・は魅力の一部分だけ、本当にすごいのはdocomo withの対象ということ

ただ実質0円だと考えられるといっても、先ほどのiPhone 8とは2万円差もない価格の近い契約内容となっているため、そこまでこの実質価格というのは魅力的には感じないかもしれません。

実際このiPhone 6sの魅力として紹介できる部分としてはこの実質価格ではなく割引として適用されているdocomo withの性質のほうにあります。

 

価格の安さも一応iPhone 6sの魅力ではあるものの、それではまだ十分にiPhone 6s契約の魅力を説明しきれていません。

iPhone 6s契約最大の魅力は割引としてdocomo withが適用されているところにあります。このdocomo withの適用によってiPhone 6sの契約は2年以上経過しても安いままの維持費というものを実現することができるようになっています。

 

docomo withが割引として適用されることによって何が違うのか。

docomo withはiPhone 8の割引でいうところの月々サポートとほぼ同じ仕組みの月額通信料割引となっていますが、唯一月々サポートと違う点としては「1度docomo withを適用すれば機種変更や解約をしない限りはその割引がずっと続く」という特徴を持っています。

月々サポートだと24回の割引=2年間の割引で終了してしまいますが、docomo withの場合には2年で割引が終わらず3年目以降もずっと1,620円の割引が適用されることになっています。

つまり機種変更するサイクルが長い人なんかだと、従来の月々サポート契約だと2年以上契約した時に割引のない状態で使い続けなければいけなかったわけですが、このdocomo withなら2年以上使っていても割引がずって適用され続けるために常に安い維持費での運用が可能になっています。

 

維持費は最安で302円という金額にもなりますから、プランさえ合っていればずっと302円で使える契約がiPhone 6sで出来上がってしまうわけです。

このずっと割引が続いてずっと302円で使える可能性を持っていることから、docomo withの割引というのは非常に魅力的であり、そんな割引が比較的性能もしっかりしているiPhone 6sで利用できるというのがこの契約内容の最大の特徴となっています。

 

Antutuベンチマークスコアが14万点とまだまだ十分に使える性能を見せながら、維持費は長く使ってもずっと安い状態を保ち続けるという、スマホを長期利用・機種変更サイクルが長い使い方をする人達に非常にメリットのあるものになっています。

こうした点からiPhone 6sも格安契約としてオススメできる内容になっています。

 

端末代の安さと高額な割引が2年で終わらない長期的に安くなるという良さは、他の契約のスマホにはない非常に大きな魅力です。
⇒iPhone 6s:docomo with(280円)

 

 

安さの視点からiPhone 8とiPhone 6sの契約は本当にオススメ、あとは自分の使い方次第で機種を選べば良し

ここまでの説明のようにiPhone 8とiPhone 6sの契約内容はdocomoのユーザーが機種変更するにあたって、価格面での内容が非常に優れた契約ができるようになっています。

iPhone 8はハイエンドモデルで安く、iPhone 6sは長期間使っても安いというこれまでのdocomoの契約では中々見られることの無かったほとんどのユーザーに対してお得な契約となってくれる内容です。

どちらも安いので、あとは自分の使い方に合わせて機種を選べば契約として最適なものになるでしょう。

 

選ぶ基準としては以下のようなのが考えられます。

  • iPhone 8:ゲームなどをしたい、防水やおサイフケータイといった機能が欲しい、ある程度最新の機能を使いたい
  • iPhone 6s:機種変更を2年以上しなくても平気な使い方、ゲームなどは軽いものしかしない、最新モデルなどにはこだわらない

ライトユーザーなら6s、ある程度最新の性能やスマホの見栄えといったものを重視したいならiPhone 8といった選択が最適となるでしょう。

例えばそこまでスマホを使いこなしていない高齢な家族やまだ高額なスマホは早い小中高生のスマホ契約には6sを、それ以外のスマホがメインでバリバリ活用している家族は8を契約するという考え方がいけるかと思います。

 

安さはどちらも間違いなく、それに自分の使い方と合わせた選び方をすることでさらに安くて満足することのできる契約というものを得ることができます。

⇒docomoオンラインショップ:iPhone 8/8 Plus

⇒iPhone 6s:docomo with(280円)

 

契約はオンラインショップにて 頭金と事務手数料の馬鹿みたいな支払いを避けるべし

こちらの安い機種変更ができる2つの契約を安いままに契約したいのであれば、オンラインショップを利用することをオススメします。

オンラインショップだと確実に

  • 頭金:10,800円程度
  • 機種変更の事務手数料:2,160円

この2つのドコモショップや家電量販店でかかる費用というものを支払わなくて済みます。

頭金についてはもう少し安いショップやこれよりも高いショップがあり金額はばらけますが、事務手数料は一律同額となります。

2つあわせて大体7,000円以上は確実に支払わなければならない費用が増えるのがドコモショップや家電量販店となっているので、そういったところで契約してしまうとせっかく安い機種を選んでいるのに全然安く契約できないという事態になってしまいます。

こうした事態を避けるためにも頭金と事務手数料がなくて安いままに契約できるオンラインショップの利用というものをオススメしています。

ここ最近のスマホの契約においてはオンラインショップ以外で機種変更をする利点というのがほとんどないため、契約の際はドコモオンラインショップを利用するのが理想的といえるでしょう。

ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップで機種変更をしてはいけない3つの理由 | やすしむ!!

⇒ドコモオンラインショップ

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top