やすしむ!!

Read Article

Xperia Z3,iPhone 6を最安で手に入れよ!MVNOのMNP弾を使った本体0円ゲット方法の手順と費用

Xperia Z3,iPhone 6を最安で手に入れよ!MVNOのMNP弾を使った本体0円ゲット方法の手順と費用

新モデルXperia Z4が発表されましたが、今回はまだまだ余裕で人気の高いXperia Z3を安く購入する方法を伝えておこうと思います。

 

Xperia Z3はdocomo、au、Softbankの3社で発売されており、3月中は全てのキャリアにおいてMNP一括0円で契約できました。

ですがそれも4月になってからdocomoが端末購入サポートの対象からXperia Z3を外して脱落し、MNP一括0円という破格の本体価格で販売しているのはauとSoftbankのみになってしまいました。

 

2社の中ではSoftbankの契約は半年以上のフラット縛りがあるため、自由な契約にはauのほうが良いです。ということなのでここの記事ではauのXperia Z3を一括0円で契約するための流れを解説しようと思います。その中でiPhone 6も一緒に安く契約できる可能性もあるので、その内容も一緒に解説しておきます。

スポンサードリンク

MNPが前提!でもMNPしたくない場合は・・・MNP弾を使用

Xperia Z3を安く契約するにはMNPが基本です。MNPなら機種変更や新規契約では不可能な一括0円での契約が出来ます。しかもキャッシュバック付きで契約できるので、0円ゲットにかかる費用はとても低いものになると思います。

ですがMNPということで、今使っているキャリアから移る必要があります。そうするとメールアドレスなどが変更になったりと弊害があります。それに今auを使っている人はMNP出来ないため、この方法は使えません。他にもXperia Z3のMNP向け価格は一括0円である一方で毎月割がとても低くなってしまっていて、普通に使っていくには維持費的にオススメできない内容になっています。

 

そのためこの解説記事内ではこの2つの問題、au利用者だとMNP出来ない点と維持費が高くなる点を考慮して、MNP弾と回線寝かしを使った方法でXperia Z3を契約して利用する形を想定してみたいと思います。この想定ならば、今ある回線をXperia Z3に差し替えたり、UQmobileなどのMVNOを使ってXperia Z3を2台持ち用のスマホにしたり出来、それでいながら月額として支払う金額が安いという形を取れます。

 

というわけですので、MNP弾を作ってauのXperia Z3にのりかえるまでの流れと方法、費用について解説していきます。

 

1:MNP弾を作る

MNPできる回線を持っていなかったり、メインとして使っている回線を動かしたくない時は、MNP弾を作っておく必要があります。MNP弾は今だとわざわざキャリア回線を使用する必要がなく、MVNO回線を契約することで簡単に作れてしまいます。

 

MVNO回線は一定期間の契約本数というものが制限されており、それを超えると契約拒否されることがありますが、それ以外では今のところブラックリストというものが存在していないため、MNPする踏み台回線として使うのに適しています。

今回はauへMNPするため、MVNOはdocomo系の回線を使ったものを使用します。もしもdocomoへMNPする場合はこれの逆でau系のMVNO回線が必要になります。そのdocomo系のMVNO回線の中でも、今回は転出までの費用が少ない「U-mobile」回線を使ったMNP弾を使用することを想定して大体の費用を計算しましょう。

ダブルフィックス音声プラス 1480円
契約解除料 6000円
MNP事務手数料 3000円
目安となる費用総額 11318円(税込み)

U-mobileのダブルフィックスプランの音声通話プラスというプランを契約しましょう。そしてこれを即座にMNPします。解約事務手数料が6000円と他社よりも安く、1ヶ月分の支払いもちょっとだけ安いためこの回線を使います。開通したら自分がMNP出来るタイミングより少し早めにMNP予約番号を取得しましょう。3日~5日は余裕を持ったほうがいいでしょう。そのMNP予約番号をもってauへとMNP契約を行います。

MNP事務手数料に3000円かかりますが、注意して欲しいのはもしもMNP予約番号を15日間の期間内に使えなかった場合、MNP処理はキャンセルになりますが、MNP事務手数料は3000円払いきりでかかったままになります。なのでMNP予約番号を取ったらなるべく早めにMNPをしてしまいましょう。

 

2:Xperia Z3MNP一括0円キャッシュバック付きへのりかえ

MVNOのMNP弾を手に入れたら、次はauのXperia Z3をMNP一括0円、なるべくキャッシュバックがあるところを探します。

探し方はYahoo!のリアルタイム検索や、Twitterの検索窓に「SOL26 MNP」などと入力すれば宣伝している各店舗を探すことが出来ます。この中から近くのお店を探し出し、条件のいいお店を見つけ出しましょう。大体の目星をつけたら電話でコンテンツなどの追加条件が無いか確認後予約し、契約しに行きます。

 

今の状態ならXperia Z3は確実にMNP一括0円に1万円ぐらいのキャッシュバックがありますので、これ以上の内容を探しましょう。キャッシュバックが多すぎる場合は、コンテンツなどの複雑な条件があるので注意が必要です。

 

契約プランはLTEプランを選びましょう。カケホとデジラはデータ定額のプランを解除できないため、後々必要になる寝かしが出来ません。

MNP一括0円を契約してから、キャッシュバックを受け取れるまで2ヶ月ぐらい必要になり、その間はLTEフラットを継続契約することになると思います。そうするとその間の維持費は結構高くなってしまいます。以下の契約が2ヶ月分かかってしまうということです。一応日割りになるので、契約をするときは20日過ぎあたりがいいと思います。

LTEプラン 934円
LTEフラット 5700円
LTEネット 300円
総額(×2ヶ月分) 7488円(税込み)(14976円2ヶ月分)

キャッシュバック分はほぼこの維持費に取られてしまうと考えていいでしょう。フラットで維持した後、このまま使うには料金が高すぎます。MNP弾を使ったということでメインのケータイ電話があるでしょうから、そちらとこの回線を一緒に支払うのは負担がかかると思います。なのでこちらのMNP弾で契約した回線は最低維持費にして寝かしてしまいましょう。

LTEプラン 934円
最低維持費としての総額 1008円(×契約期間)

この最低維持費にしたあとはそのまま2年後の解約月まで維持して解約金0円で解約したり、ブラックリストに入らないとされる7ヶ月目になったら違約金を払ってでも解約したり、別のスマートフォンをMNPで安くするためのMNP弾にしてしまってもいいと思います。

 

Xperia Z3を本体代0円で契約するための流れと費用は以上になります。1台だけでMNP弾を1から作って今回のようにMNPすると、キャッシュバック分を含めても費用として全体として25,000円はかかってしまいます。この費用をかけてXperia Z3をMNP一括0円で契約するのが高いか安いか、どう捉えるかは人によるでしょう。

これだけでMNPを終了させてしまうと意外と高く感じるかもしれませんが、この契約したau回線をMNPに使う予定ならば逆に安く感じるようになると思います。そしてこれは1台だけの契約ですが、今のauは2台同時に契約すればキャッシュバックのベース金額が上がるので、支払う初期費用は高くてもバックされる金額が上がるためトータルでは安くなるという仕組みになっています。

 

おまけ:2台同時MNP契約でキャッシュバックを増やしたりiPhone 6を一括0円で

ここまでの流れは1台のみで契約する流れですが、これをもし2台にすると更にお得度が増して1つの契約に対する費用や得られる0円スマホのグレードがアップします。

例えば2台同時にXperia Z3を契約すると、1台1万円ベースだった場合には1台2万円ベースにキャッシュバックが上がるため、2台で4万円のキャッシュバックを手に入れることが出来ます。しかもXperia Z3が1台しか必要ない場合は、使わない方を売却することで、キャッシュバックとは別に収支を得ることが出来、MNP弾を作って維持費にかかる費用をキャッシュバック+売却金で相殺することが出来ます。

 

なので2台に契約台数を増やしたほうが、Xperia Z3を費用も込みで完全に0円で契約できる可能性もあります。

 

更に、Xperia Z3より人気の高いiPhone 6は、1台だとMNP一括0円では契約できませんが、Xperia Z3などのキャッシュバックのあるスマホと一緒に2台同時に契約することが出来れば、MNP一括0円で契約する事ができます。iPhoneの場合はauにかえる割Plusが適用できて、毎月割も高いため、もしも今docomoやSoftBankのメイン回線を使っている場合は、それをこのiPhone 6に変更するというのもいいかもしれません。

つまりMNP弾とメインの回線2つをXperia Z3とiPhone 6にそれぞれMNP一括0円で契約して、iPhone 6をそのまま使って、Xperia Z3のほうはMNP弾や維持費の費用を取り返すために売却するという方法も今回のやり方の応用として考えられます。

 

2台同時にMNPすることで、Xperia Z3はもちろんiPhone 6も1台の時に比べて費用を少なくして「最安」で本体をゲットすることが出来る可能性があります。恐らくはこの方法は2015年のゴールデンウィーク中ぐらいまでは有効だと思うので、安く最新スマホを契約したい人は実行を考えてみてはどうでしょうか。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top