やすしむ!!

Read Article

iPhone 6s発売でiPhone 6は安くなったのか ドコモとauは買いやすい

iPhone 6s発売でiPhone 6は安くなったのか ドコモとauは買いやすい

iPhone 6sの各キャリアで販売する価格が決まりましたが、結構高額な料金になっていて驚かされています。

ほぼ高級パソコン並みの料金になっていて、各社16GBモデル以外(docomoは16GBも)9万円、10万円を超える価格になっていて非常に高額になっています。

しかもこうした価格はそれでも抑えられているほうのようで、いずれも月々サポートや毎月割といったサービスの割引額が例年よりも低めになっていて、実質金額も0円になるキャリアはMNPのキャンペーンを適用する以外無いという風になってしまいました。

見た目やデザインが変わらず、進化したのは感圧タッチディスプレイとカメラの画素数ぐらいで、重量が増すというデメリットが増えてしまいました。

こんなiPhone 6sよりも、安ければiPhone 6でもいいやと考える人というのは一定数出てくるのではないでしょうか。そこでここではiPhone 6の値下げ情報を3つのキャリアにおいてどうなっているのかを含めてまとめてみたいと思います。

iPhone 6sよりiPhone 6で良さそうだと思ってる人は、ぜひ価格の比較などをしてもらって契約の参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 

Softbank

まず最初はSoftbankです。Softbankだと特にiPhone 6sに合わせて値下げらしい値下げはされておらず、数ヶ月前にされたMNPの一括購入割引入り以外の値下げの動きはありません。

ということでSoftbankにおけるiPhone 6の値下げはMNPのみということになります。

MNP時のiPhone 6の価格は14760円~になっています。一括9万円近いiPhone 6sの販売価格と比べると、明らかに安くはなっています。

ただしこの安さで契約できる理由として、「MNP一括購入割引」という割引が適用されているから、という点があります。

この一括購入割引という割引、適用されるととても安くスマートフォンを値下げしてくれるキャンペーンにはなっていますが、適用された場合2年間もの間いわゆる解約金と言われる契約解除料とは別に、一括購入割引の契約解除料というものが6万円以上発生して、非常に高額な追加の解約金に縛られることになります。この一括購入割引の契約解除料は毎月契約期間が更新されるごとに、かかってくる契約解除料が減る仕組みにはなっているのですが、もしもこれを短期で解約してしまった場合には高額な違約金が発生することになります。

一括購入割引の契約解除料は2年間ついてきます。その間は「機種変更」「解約」「契約変更」「回線休止」「フラット外し」といった行為をしてしまうと、契約解除料が発生します。解約で発生するのはわかりますが、機種変更やフラット外しでもかかってくるため、2年間はiPhone 6を使い続けなければ通常よりも遥かに高い解約金を支払わなければいけない契約となってしまいます。

しかもこの一括購入割引の対象スマホは、iPhone 6や2015年夏モデルを中心に、月月割も一切発生しないようになっており、割引無しで毎月の通信料を支払わなければいけないものになっています。

というわけで、SoftbankのiPhone 6はMNPで値下げされた一方、2年間の間機種変更や解約をした際に解約金とは別の違約金がかかるようになり、そして月月割0円の影響で毎月の維持費も高額というそれ相応の負担のかかる形で値下げされています。

Softbankオンラインショップ

 

au

auにおける値下げは9月10日、つまりiPhone 6sの発表と同時に行われました。値下げされることになったのは新規契約とMNP契約の2種類で、機種変更は対象外となっています。

新規もMNPも最も安い価格で51840円となっています。若干高額さを感じる金額ですが、新規でこの価格は考えようによっては安いかと思われます。

特に今はauのクーポンが郵送などで配送されており、Pontaカードやau光の事業者に加入している場合には20000円分の割引クーポンを手に入れることが可能です(貰えない場合でもオークションで1枚数千円)。こうした新規契約20000円引きクーポンを使えば、約31000円で新規契約できるiPhone 6ということになり、通常他社ではMNPぐらいでしか安くならないのが基本ですが、auならクーポン利用が前提ではあるものの、準新規契約で安い価格でiPhone 6を契約することが出来てしまいます。

この価格も新規ならば納得できる金額でしょう。それに毎月割も1545円もついているため、維持費も若干安くはなります。

SoftbankがMNPで2年間の高額違約金縛りをしてくるのに対して、auは新規でちょっと高いけれども縛りなどもないし割引付きなので、新規で追加契約したい人には良い契約ですし、周りに20000円引きのクーポンを持っている人はいないか探したりオークションを利用してみましょう。

機種変更での値下げが無いことは残念ですが、新規でも安くなったところは評価できるかと思います。

au online shop

 

docomo

docomoはSoftbankと同じでMNPが値引きの対象になっています。

MNPでの契約には端末購入サポートの適用によって一括19008円まで下がっています。端末購入サポートはほぼSoftbankの一括購入割引と同じような内容ですが、docomoの場合は14か月のみが縛り期間なので、Softbankよりも緩い縛りです。端末購入サポートは14か月以内に機種変更や解約、フラット外しをすると違約金がかかります。違約金はSoftbankのように毎月下がるものではありませんが、金額自体が低く29808円となっています。

docomoはMNPで契約できるなら一番オススメのiPhone 6の契約です。というのも月々サポートが1242円あることと、今特定サイトで10800円引きクーポンを配っていること、それに18日の契約からはドコモにチェンジ割が使えて12ヶ月間のみですが1458円も毎月の割引が増えるキャンペーンが行われています。

この18日からのドコモにチェンジ割と月々サポートの継続が重なってくれれば、一括価格も安いだけでなく毎月の維持費も相当に安くすることの出来る契約になってくれるでしょう。特に家族でMNPすることを考えれば、シェアオプションによる低維持も実現できるため、かなり乗り換えに適した価格&維持費のプランです。

一括の安さ、維持費の最適感はiPhone 6sに高さを感じていた人には、納得できる契約内容に収まっていると思うので、MNPするならこのdocomoの契約が最も良い気がします。

18日以降の月々サポートの維持によってはドコモにチェンジ割の威力と合わせて契約推奨な最適なMNPスマホになります。

ドコモオンラインショップ
 

というわけで実はiPhone 6は機種変更を除けば三社とも条件付きながらかなり安い金額での販売をはじめており、予算次第ではこちらのiPhone 6を購入するという考えも悪くないものと思われます。

docomoは18日以降の情勢を見てからになりますが、それ以外は値下げが既に実施されているので、iPhone6のほうが安いし軽いからいい、という人は契約を進めても良いでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
* (公開されません)
*

Return Top