やすしむ!!

Read Article

docomoはiPhone 8,iPhone Xを値下げ中 iPhone 8は在庫僅少になるほどの人気に

docomoはiPhone 8,iPhone Xを値下げ中 iPhone 8は在庫僅少になるほどの人気に

docomoが前世代のiPhoneを値下げしています。

1年前に発売された

  • iPhone 8
  • iPhone X

といった2機種が月々サポートの増額や端末購入サポート対象となり、従来よりも契約しやすくなっています。

 

特に値下げによって価格の安さが目立っているiPhone 8は、iPhone XSの価格の高さや指紋認証がディスコンされたことにより人気が高まっており、在庫切れを起こして予約が必要になるほどに人気が再燃しています。

iPhone XSの値段がちょっと合わないと感じる場合には、こちらの値下げ機種というのもオススメすることができますし、特にiPhone 8の値下げ価格というのは非常にオススメ度が高いものになっているのでこちらは安いスマホへの機種変更をしたかった人なんかにはチェックしてもらいたい内容になっています。

 

iPhone Xは実質価格が値下げ+オンラインショップ限定特典で実質敵に約1.5万円

まずはiPhone Xの値下げから。

9月21日よりiPhone Xの販売価格が値下がりしています。iPhone XSに合わせた措置になっており、実質価格が約1万円ほど下がっています。

 

これだけだと値下げとしては十分ではないところも感じられますが、オンラインショップ限定で今だと5,184円値引きordポイント還元の特典が受けられるため、こちらで契約することによってもう少し安くすることができます。

 

このためiPhone Xの21日からの価格は次の表のようになります。

iPhone X 64GB 256GB
実質価格 57,672円 75,816円

実質価格で5.7万円ほどになりますが、オンラインショップ限定特典を使うことで5.2万円ほどまでに落とすことができます。iPhone XSとの価格差は約1.2万円ほどになるということになります。

 

実質価格として見た時には正直そこまで安くはないです。値下げがされた後の価格ではありますが、もう1万円ぐらい安くならないと契約に適した料金とは言いにくいでしょう。

iPhone XSにもオンラインショップ限定特典が適用されるので、価格差自体はそこまで広がりませんし、1.2万円差であればむしろiPhone XSを買ったほうが良いかもしれません。性能の進化、デザインの進化、カメラの進化といった辺りで1.2万円差は十分に元が取れると思います。

 

また今iPhone Xの下取りは64,000円に設定されていますが、1年後2年後にはさすがにこの金額が下がっていく一方で、iPhone XSならばこの下取りが2年後ぐらいまではまだまだしっかりとした金額をキープしてくれることが予想されるため、そうした観点からも1.2万円差を払ってでも契約しても良いかもしれません。

iPhone Xについては値下げはされたものの、iPhone XSとそこまで大きな価格差にはならず、機能や将来の端末価値なんかを考えると1.2万円程度安くなってもそこまでお得感は感じられないものになっています。むしろiPhone Xを今買うならばiPhone XSを買ったほうが良いものになっています。

 

iPhone 8は1万円台で機種変更もMNPもできる

値下げの中で強烈なインパクトを見せているのはiPhone 8の値下げになるでしょう。

こちらは9月1日から値下げされた時点で非常に高い人気だったわけですが、iPhone XSの発表によって一部失望した人たちが殺到し始めているために更なる人気となってしまっています。

 

価格は機種変更でも実質19,440円、MNPなら一括10,368円ということでどちらの契約方法でも1万円台を実現する安さです。

iPhone 8 64GB
機種変更 実質19,440円
MNP 一括10,368円

機種変更ではハイスペック・フラグシップのスマホとしては異例の安さです。他のモデルではちょっと見ることができないレベルの安さが実現されており、機種変更でdocomoのスマホを安く購入したいのならば、Androidユーザーにもオススメできる異例の安さとなっています。

 

ハイスペックスマホのほとんどが実質価格で4万円前後をつける中で、iPhoneの準最新級モデルが2万円以下で契約できてしまうのは強烈な契約内容となっています。

その証拠に現在iPhone 8は64GB以外まともに契約できないほどに在庫がどんどんなくなっていくぐらい人気で、しかもその64GBですら予約してからでないと契約できないタイミングが発生してしまっています。

 

強烈すぎる安さによって人気が再燃しており、下手したらiPhoneとしては異例の1年で販売終了になってしまう可能性もあるため、なるべく早めにiPhone 8に関しては機種変更するようにしましょう。

 

MNPでは端末購入サポートが適用されて一括10,368円という安さで、こちらもかなりお得な契約を実現しています。一括なので実質価格のように2年間の利用が前提にはなりません。端末購入サポートがあるので14か月は継続して使わないとだめですが、それ以降は機種変更や解約、MNPなどを自由にして構いません。

月々サポートは発生しないため多少維持費は高くなりますが、新しいパケットパックの登場によってそちらも高騰しないようになっており、端末価格の安さと合わせて使いやすい料金でiPhone 8を手に入れることができます。

 

iPhone 8は単純に安いスマホとしてオススメ!在庫の早期枯渇に注意して早めの契約を

このように今iPhone XとiPhone 8は値下げが実行されており、iPhone XSとはまた違った選択肢を示してくれています。

ただiPhone Xに関しては、多少高く感じてもiPhone XSのほうがお得度は高く、少し無理してでもiPhone XSを買ったほうが色々と便利なのではないかと思います。

一方でiPhone 8は安いiPhoneとして過去に例を見ないほどにオトクな価格となっているので、在庫があるようならばなるべく早く購入したほうが良いかと思います。

今回のiPhone 8の値下げは本当に強烈で、在庫がどんどん減っていってしまっている状態ですので、少しでも興味があれば購入しておくことをオススメします。

⇒docomoオンラインショップ:iPhone 8/8 Plus

⇒docomoオンラインショップ:iPhone X
 

 

 

契約はドコモオンラインショップで 事務手数料と頭金がかからないのは通常のショップにはないメリット

契約に関してはどちらもドコモオンラインショップをオススメしています。

その理由はまずiPhone XとiPhone XSについてはオンラインショップ限定特典が用意されており、いきなりほぼ無条件で実質5,184円引きを実現することができるからです。

 

これによって通常のショップで契約するよりも5,184円分もお得に契約できるので、まずこれだけでオンラインショップを利用する価値があります。

そしてiPhone 8にも共通するメリットとして、事務手数料と頭金が0円になっているという点も見逃せません。

事務手数料は2,160円か3,240円分が、

頭金に関しては10,800円ぐらいなら余裕でかかってくるので、

この2つがショップとは違って0円になるというのはドコモオンラインショップが持つ本当に大きなメリットとなっています。

頭金はショップによって値段が違うので正確な価格差は書きづらいですが、事務手数料と合わせて約5,000~12,000円程度ショップよりも安く契約できるのがオンラインショップということになります。もちろんここに対象機種はオンラインショップ限定特典が適用されるので、更に5,184円分お得に契約することができます。

ドコモショップやauショップ、ソフトバンクショップで機種変更をしてはいけない3つの理由

こうした事務手数料や頭金といったスマホの本体価格とは無関係な部分で通常のショップは追加支払いがいくつも必要となってくる中で、オンラインショップであればそうした追加の支払いは不要になってきます。

しっかりと安い価格のまま契約するのならばオンラインショップを利用しましょう。
⇒docomoオンラインショップ:iPhone 8/8 Plus

⇒docomoオンラインショップ:iPhone X

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

*
*
* (公開されません)

Return Top